ここから本文です

ディズニー・チャンネルのテレビ映画100作目OA、犬猿の仲の女子2人がシッターに

映画ナタリー 9月13日(火)19時9分配信

ディズニー・チャンネルが贈るオリジナルテレビ映画の100本目にあたる「ベビーシッター・アドベンチャー」が、9月17日に日本初放送されることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

正反対の性格を持つ2人の女の子が、ひょんなことからアンダーソン家の5人の子供たちのシッター役を引き受けたことから始まる本作。彼女たちが夜の大都会を舞台に冒険を繰り広げるさまや、犬猿の仲だったものの次第にお互いを理解し、絆を深めていく過程などが描かれる。

真面目な性格の高校生・ジェニー役には歌手としても活躍する若手女優サブリナ・カーペンター、芸術家を目指すローラ役には「ディセンダント」でイーヴィル・クイーンの娘イヴィ役を演じたソフィア・カーソンが起用された。

「ベビーシッター・アドベンチャー」
ディズニー・チャンネル 2016年9月17日(土)19:30~21:15

最終更新:9月13日(火)19時9分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。