ここから本文です

「クーロンズゲートVR 朱雀」始動 PSVR版で「九龍城」再現 来年発売へ

ITmedia ニュース 9月13日(火)16時49分配信

 約20年前に発売されたアドベンチャーゲーム「クーロンズゲート」をPlayStation VR向けにリメイクするプロジェクト「クーロンズゲートVR 朱雀」の資金を募るページが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」で9月13日にオープンした。同作の企画・キャラクターデザインを務めた井上幸喜さんが率いる映像制作会社・ジェットマンが開発を手掛ける。支援は3000円から。

【画像:VRで再現した「九龍城」をみる】

 クーロンズゲートは、1997年にソニーミュージックエンタテインメントが発売したPlayStation向けのゲームソフト。この世と対をなす別世界「陰界」から出現した「九龍城」に、「超級風水師」の主人公が潜入する――というアドベンチャーゲームで、サイバーパンクの世界観が人気を博した。

 プロジェクトでは、作中の世界をPlayStation VRを使って自由に歩けるようにリメイク版を開発。街並みがリアルタイムで変化し、時間によって入れる通路が変わるギミックを用意するほか、立体音響とも組み合わせ「没入感を増した異世界散歩」が楽しめるという。まず「龍城路・クーロンフロント」というダンジョンの一部を再現し、2017年5月に第1弾ソフトの発売を目指す。

 支援コースは3000円から100万円まで。開発段階の設定資料やメイキングシーンをまとめた「デベロップメントレポート」のほか、作中に登場する「占い人形」に自分の好きなコメントを言わせる権利、貼り紙や映画ポスターに載る権利などを盛り込んだコースも用意する。集めた資金は、楽曲やSEの版権使用費、製作費の一部などに充てるという。

最終更新:9月13日(火)16時49分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]