ここから本文です

稀勢の里が2敗、初日に続く平幕戦黒星 友綱審判長、綱とり「10%くらい…」

デイリースポーツ 9/13(火) 20:03配信

 「大相撲秋場所・3日目」(13日、両国国技館)

 3場所連続の綱とりに挑戦している大関稀勢の里(30)=田子ノ浦=は平幕の栃ノ心に渡し込みで敗れ早くも2敗目を喫した。初日の隠岐の海に続き平幕相手に2敗は印象も悪く、悲願の綱とりが崖っぷちに追い込まれた。

 重い、重い2敗目だった。稀勢の里は立ち合い栃ノ心に左に変化され、体が泳いでしまった。何とか踏みとどまって振り向きざま反撃に出ようとしたが、時既に遅し。相手に一気に攻め込まれ、最後は左の渡し込みでトドメを差された。

 支度部屋では無念の思いを隠せなかった。報道陣に「変化は頭にあったか?」と聞かれ「うーん…」。しばらく時間がたってから「うーん、落ち着いていけばよかったんですけど」と言葉を絞り出すのがやっとだった。

 3日目にして平幕相手に2敗。昇進条件は初優勝で数字上の可能性は消えていないが、土俵下で見守った友綱審判長(元関脇魁輝)は「(綱とりの)話題がなくなったね。確率的には10%くらい残っているが、相撲内容が悪すぎ」と一刀両断。相撲人生をかけた勝負の場所が終わるには、早すぎる。

最終更新:9/13(火) 20:13

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。