ここから本文です

自宅立てこもり、男を逮捕 立川、公務執行妨害容疑

産経新聞 9月13日(火)7時55分配信

 12日午後3時ごろ、東京都立川市富士見町のアパートで、「昨日から息子と連絡が取れないので部屋に来たが、ドアチェーンが掛かっていて入れない」などと110番通報があった。警視庁立川署員がチェーンを切断して中に入ろうとしたところ、室内で男が矢が装填(そうてん)されたボーガンを構えているのを発見。ボーガンを置いて外に出るよう説得したが応答がなく、午後6時半ごろに捜査員が突入し公務執行妨害の現行犯で逮捕した。人質はなくけが人もなかった。

 同署によると、男はこの部屋に1人で暮らす無職の29歳。「部屋に入られないためにボーガンを警察に向けた」と容疑を認めている。通報した男の親族は、男について「仕事が見つからず落ち込んでいた」と説明しているといい、同署が詳しい動機などを調べる。

 現場はJR立川駅から西に約1・5キロの住宅街。

最終更新:9月13日(火)7時55分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。