ここから本文です

第7世代Coreを採用した主力ノートなど「LAVIE」2016年秋冬モデル

ITmedia PC USER 9月13日(火)17時18分配信

 NECパーソナルコンピュータは9月13日、個人向けPCの2016年秋冬モデルとして、4シリーズ39モデルを発表した。

【フルモデルチェンジした「LAVIE Note Standard」】

 ラインアップは、15.6型ワイド液晶を搭載する「LAVIE Note Standard」、世界最軽量をうたう13.3型/11.6型の「LAVIE Hybrid ZERO」、最大4番組同時録画ができる液晶一体型PC「LAVIE Desk All-in-One」、スリムタワー型PC「LAVIE Desk Tower」の4シリーズ。このうち、「LAVIE Hybrid ZERO」、「LAVIE Desk All-in-One」、「LAVIE Desk Tower」は、2016年夏モデルの仕様をほぼ引き継いでおり、ヤマハ製AudioEngineの搭載やプリインストールアプリの強化を中心としたマイナーチェンジとなっている。

 2016年NEC秋冬モデルの見どころは、15.6型の主力ノート「LAVIE Note Standard」だ。上位モデルの「NS850」「NS750」は、スリムなシルエットの新デザインに生まれ変わったほか、CPUに最新世代の第7世代Core(Kabylake-U)を採用、DDR4メモリやUSB 3.1(Gen2) Type-Cなど先進機能を盛り込んでいる。

 また、NS850はIPS方式のタッチ対応4K2K液晶(3840×2160ピクセル)、NS750はタッチ対応フルHD(1920×1080ピクセル)を搭載するほか、2W+2Wスピーカー+4Wサブウーファで構成されるヤマハサウンドシステムを備え、ハイレゾ音源の再生に対応した「HiGrand Music Player V2」に強化するなど、オーディオビジュアル機能が大幅に進化した。なお、下位の「NS700/NS550/NS350」も第7世代Core(Core i7/i5/i3)を採用し、ヤマハ製AudioEngineやアプリの強化は共通する。

 実売価格は、NS850が23万4800円前後、NS750が21万4800円前後、NS700が19万4800円前後、NS550が17万9800円前後、NS350が15万9800円前後。廉価モデルのNS150/NS100は13万4800円前後/11万2800円前後からとなっている。NS850は10月13日、それ以外は9月15日に発売する。なお、Web直販モデルのLAVIE Directでは、PCIe接続のSSDと大容量HDDを組み合わせたストレージなど、さらにハイスペックなBTOが行える。

最終更新:9月13日(火)17時18分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]