ここから本文です

広島 V後も「神ってる」鈴木は健在

デイリースポーツ 9月13日(火)20時26分配信

 「中日-広島」(13日、ナゴヤドーム)

 広島が五回、鈴木誠也外野手(22)の適時二塁打でリードを4点に広げた。

 2死二塁で打席に立つと大野の初球、内角低め133キロスライダーを狙った。打球は左翼手の頭上を越え、フェンス直撃の適時二塁打に。二回には意表を突くセーフティバントで出塁。3点を先制した四回には中前打でチャンスを広げた。

 「打ったのはツーシーム。積極的に思い切っていきました」。これで今季10度目の猛打賞。25年ぶりの優勝を決めた10日の巨人戦(東京ドーム)では2本塁打で勝利に貢献した。「神ってる」22歳の快進撃が止まらない。

最終更新:9月13日(火)20時59分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。