ここから本文です

映画界の金メダルを獲りたい!「金メダル男」完成披露で内村&知念が力強く宣言

お笑いナタリー 9月13日(火)19時55分配信

本日9月13日、内村光良監督・主演映画「金メダル男」の完成披露試写会が東京・有楽町朝日ホールで行われた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

10月22日(土)に全国公開される「金メダル男」は、あらゆるジャンルでトップに立つことを生きがいとする男、秋田泉一が“金メダル”に挑み続ける姿を描いた作品。試写会では内村のほか、キャストの知念侑李(Hey! Say! JUMP)、木村多江、土屋太鳳、平泉成、宮崎美子が金メダルにちなんだ“ゴールデンカーペット”の上を歩いて登場している。

挨拶では、内村が開口一番「知念の人気の高さに驚いています」と知念への歓声の大きさに言及。また作品については「5年前にやっていた一人舞台が映像化されたことに感無量。あのときから映画化したいなと思っていたものが本当に映画になって、ここに立てているのが幸せです」とうれしそうにコメントした。

その後、司会から映画に込める意気込みに思いについて聞かれた知念は「映画界の金メダルを獲りたいです!」と力強く宣言する。隣の内村は「この映画で金メダルを獲りたいと思います!」と知念に被せて笑いを誘いつつ、続けて「『今年一番笑ったよ』という映画になりたい。楽に笑って観てもらえればと思います」とコメントし、イベントを締めくくった。

最終更新:9月13日(火)19時55分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。