ここから本文です

EIZO、クリエイター向けWQHD対応27型液晶「ColorEdge CG2730」など2製品を発表

ITmedia PC USER 9月13日(火)17時21分配信

 EIZOは9月13日、27型カラーマネジメント液晶ディスプレイの新モデル「ColorEdge CG2730」と「ColorEdge CS2730」を発表した。10月7日に販売を開始する。ともに価格はオープン、同社直販「EIZOダイレクト」販売価格はそれぞれ21万6000円/14万184円だ(税込)。

【画像】簡単な色合わせソフト最新版も

 ともにハードウェアキャリブレーションによるカラーマネジメントに対応した2560×1440ピクセル表示の27型ワイド液晶ディスプレイ。Adobe RGBカバー率99%の広色域をサポートする。従来機種からボディーデザインを一新し、フレームの幅や厚さを抑え、軽量化を図りつつ、背面にハンドルを設け、設置のしやすさや持ち運びやすさを向上した。従来機種比で画面下部のフレーム幅は46%スリムになり、重量は30%減の約8.9kgに軽量化している。チルト対応の多機能スタンドを備える。

 上位のColorEdge CG2730は、デジタルシネマ規格となるDCI-P3のカバー率98%も実現するプロフォト/3DCG作成対応モデル。小型化したキャリブレーションセンサーを標準で内蔵し、1500:1の高コントラスト比、表示安定までの時間短縮(3分)、ワンタッチで取り付け可能な遮光フードの付属などの特徴がある。下位のColorEdge CS2730は、写真やイラストを楽しむ幅広いユーザー向けだ。

 インタフェースは2機種共通。映像入力はDVI-D×1、HDMI×1、DisplayPort×1の3系統を搭載。USB 3.0対応のUSBハブ3基を側面側に装備(うち1基は急速充電に対応)する。

 なお、EIZOは、写真愛好家向けカラーマッチングソフトウェア「Quick Color Match」の最新版となるVer.2を同日公開した。

 Quick Color Matchは、アドビシステムズ、エプソン、キヤノンの協力を得てEIZOが開発したColorEdge専用のソフトウェア。新バージョンではMacをサポートしたほか、対応プリント用紙を13種類に増やした。また経年劣化をキャリブレーションセンサーで補正できる表示リフレッシュにも対応している。

最終更新:9月13日(火)19時24分

ITmedia PC USER

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]