ここから本文です

15年度医療費、40兆円突破=13年連続で最高更新―厚労省

時事通信 9月13日(火)16時2分配信

 厚生労働省は13日、2015年度医療費動向の調査結果(速報値)を公表した。

 医療保険や公費、患者の窓口負担分を集計した概算医療費は前年度比3.8%増の41兆4627億円となり、速報値としては初めて40兆円を突破。高齢化の進展や医療技術の高度化、高額薬剤の使用増加を受け、13年連続で過去最高を更新した。

 国民1人当たりの医療費は1万3000円増の32万7000円で、これも過去最高を更新。年齢区分別では75歳以上の後期高齢者が94万8000円と、75歳未満の22万円の4.3倍に達した。医療費の伸び率は全都道府県でプラスとなっており、千葉が5.0%増で最も高かった。 

最終更新:9月14日(水)8時7分

時事通信