ここから本文です

iPhone 7/7 Plusの購入意向は3割超、魅力は防水・防塵への対応

Impress Watch 9月13日(火)17時22分配信

 MMDLaboは、MMD研究所の調査結果として、iPhone 7/7 Plusの購入意向を調査し、結果を明らかにした。

【この記事に関する別の画像を見る】

 調査は9月9日~12日にかけてインターネット上で実施され、15~69歳の男女2178人が回答した。まず現在しているスマートフォンなどについて聞くと、iPhoneが47.8%、Androidが25.4%、フィーチャーフォンが20.7%だった。

 9月8日未明(日本時間)に発表されたiPhone 7/7 Plusについて、購入意向を聞くと、「購入したい」が16.7%、「やや購入したい」が17%で、合計33.7%が購入意向を示した。

■人気は「iPhone 7」のジェットブラック

 最も欲しいと思うモデルを聞くと(複数回答)、1位は「iPhone 7」のジェットブラック(18.3%)、次いでローズゴールド(17.3%)、シルバー(11.6%)、ブラック(10.1%)、ゴールド(9.1%)と続き、上位はすべて4.7インチ画面の「iPhone 7」が占めた。

 6位以下は「iPhone 7 Plus」で、カラーはジェットブラック(5.6%)、ローズゴールド(3.5%)、ゴールド(3.1%)、ブラック(2.5%)、シルバー(2.3%)の順。「わからない、決めていない」も16.6%で多い。

■防水・防塵対応に魅力

 購入意向のある734人を対象に、iPhone 7/7 Plusの魅力的な点を聞くと、1位は「防水・防塵対応」で66.2%となり、ほかを大きく引き離した。2位は「カメラ性能のアップ」で43.7%、3位は「バッテリー駆動時間のアップ」で41%、4位は「前モデルより端末価格が安くなったこと」で33.7%、5位は「FeliCaの対応(Apple Pay)」で31.5%だった。

 日本市場向けに特別に対応する形となったFeliCaへの対応だが、iPhone 7/7 Plusに購入意向を示したユーザーは、防水・防塵やカメラ性能、バッテリーの持ち、価格の安さをより重視している傾向が明らかになった。

ケータイ Watch,太田 亮三

最終更新:9月13日(火)19時45分

Impress Watch