ここから本文です

2016年シルバーウイーク、何日休める?

ITmedia ビジネスオンライン 9月13日(火)18時23分配信

 ウェブクルーは9月13日、シルバーウイークにおける帰省・旅行の動向に関するアンケートの結果を発表した。今年は長期の休みが取りづらく、過ごし方は「国内旅行」派が最多なのだという。

【シルバーウイークの混雑予想はこちら】

 今年のシルバーウイークは9月17日~25日。「期間内で3日間以上の休みを取る予定がある」と答えたのは全体の26.8%だったのに対し、「取る予定はない」「未定」と答えた人は7割以上だった。3日以上の休みがあるという人でも約半数が「3日間」どまりで、長い休みを取る人が少数派であることが分かった。

 15年は土日と「敬老の日」「国民の休日」「秋分の日」でカレンダー上は5連休となったが、今年は敬老の日が19日月曜日、秋分の日が22日木曜日と飛び石連休。そのため、長期の休みにならない人が多いようだ。

 シルバーウイークの過ごし方は、「国内旅行」が27.5%で最多。次に多いのは「どこにも行かない」の23.2%で、「未定」(22.5%)、「帰省」(14.6%)と続く。最も少ないのは「海外旅行」の2.4%だった。

 シルバーウイーク期間中、車で移動した場合の混雑のピークも算出。出発のピークは17日土曜日の午前6時から正午で、帰りのピークは19日月曜日の正午から午後6時と予測している。

 8月25日から9月2日まで、ウェブクルーリサーチ会員に対してインターネット調査を行った。

最終更新:9月13日(火)18時23分

ITmedia ビジネスオンライン

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。