ここから本文です

大森義夫氏死去=元内閣情報調査室長

時事通信 9月13日(火)16時50分配信

 日本文化大学長で元内閣情報調査室長の大森義夫(おおもり・よしお)氏が11日午後1時30分、腎盂(じんう)がんのため広島市の病院で死去した。

 76歳だった。東京都出身。自宅は千葉県船橋市。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻邦子(くにこ)さん。大学が後日、お別れの会を開く。

 1963年に東京大法学部を卒業後、警察庁に入庁。鳥取県警本部長、警視庁公安部長、警察大学校長などを経て93年3月に内閣情報調査室長に就任し、97年4月まで務めた。

 退官後はインテリジェンス(情報)の専門家として、外務省の対外情報機能強化に関する懇談会の座長も務めた。 

最終更新:9月13日(火)16時55分

時事通信