ここから本文です

安藤幸代アナ 第1子出産を報告「私達のところに来てくれてありがとう」

スポニチアネックス 9月13日(火)15時3分配信

 元フジテレビ専属で現在はフリーの安藤幸代アナウンサー(38)が13日、自身のブログで第1子を出産したことを報告。「無事に、元気に生まれてきてくれた我が子に感謝の毎日です。私達のところに来てくれて本当に本当にありがとう」と喜びをつづった。

【写真】フジテレビ特番に出演した(左から)本田朋子、安藤幸代、政井マヤ、中野美奈子、寺田理恵子、有賀さつき、ヒロミ

 「先日、無事に出産いたしました」と報告し、ベビーの小さな手の画像を添えた安藤アナ。「とにかく、あっという間に時間が過ぎていく日々ですが…妊娠、出産を経て…無事に、元気に生まれてきてくれた我が子に感謝の毎日です。私達のところに来てくれて本当に本当にありがとう」と幸せいっぱいにつづった。

 そして「それにしても、小さな小さな身体ですが、なんとパワーをくれる存在なんでしょう。親としてこの子をしっかり守っていこうと思う中、毎日たくさんの元気と笑顔をくれる我が子に、実は、私の方が支えられているような気がしています」と心境。「これからも、毎日たくさんの家族の笑顔を見られるように…より一層、家族を大切にしていきます」とブログを結んでいる。

 安藤アナは2000年、相川梨絵(39)、滝川クリステル(38)とともに共同テレビに入社。その後、フジテレビに研修出向(専属)となると「プロ野球ニュース」の週末担当アシスタントに起用され、01~03年には「感動ファクトリー・すぽると!」の木曜日メーンキャスターを担当した。08年に共同テレビを退社し、10年にはフリーに。今年2月にはゴルフを通じて知り合った会社員の男性と結婚し、第1子を妊娠したことを発表していた。

最終更新:9月13日(火)17時17分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。