ここから本文です

なだぎ武が「スーサイド・スクワッド」コスプレ披露「このまま渋谷に行こう」

お笑いナタリー 9/13(火) 21:05配信

本日9月13日、東京・ワーナー・ブラザース映画試写室にて行われた映画「スーサイド・スクワッド」のイベントになだぎ武が登場した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「スーサイド・スクワッド」はバットマンらヒーローに捕らえられ、死刑や終身刑となったヴィラン(悪役)たちで結成された部隊“スーサイド・スクワッド”の活躍を描くアクション。マーゴット・ロビー扮するハーレイ・クインやウィル・スミス演じるデッドショットたちが減刑と引き換えに命懸けのミッションに挑む。

イベントにはリオデジャネイロオリンピックで柔道90kg級を制し、金メダルを受賞したベイカー茉秋とその祖母、小林リナも登壇。なだぎが劇中に登場するジョーカーに、小林リナがハーレイ・クインに扮して会場を盛り上げる。なだぎは「アメコミが大好きで、この格好のまま渋谷に行こうと思ってます」などとおどけ、「柔道は駆け引きで勝負するから、ベイカー選手はディアブロに戦い方が似ているんじゃないか」と本作のキャラクターにベイカーを例えてみせた。

(c)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC

最終更新:9/13(火) 21:05

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]