ここから本文です

【浦和】“鉄壁の守り”GK西川、特大ポスターにニッコリ

スポーツ報知 9月13日(火)17時46分配信

 浦和の日本代表GK西川周作(30)がイメージキャラクターを務める文化シヤッター株式会社は13日「“鉄壁の守り”キャンペーン」を開催すると発表した。

 同社は13年3月から浦和とパートナーシップ契約を結ぶ縁で、昨年8月から西川をイメージキャラクターに起用。9月24日から11月20日まで、守護神の真剣なまなざしが印象的なB0サイズの特大ポスターなどが首都圏の駅構内に登場することになった。

 掲載期間は優勝争いを繰り広げるリーグ戦に合わせ、埼玉スタジアム最寄りの浦和美園駅で9月24日~11月18日まで。東京駅構内北通路では日本代表の18年ロシアW杯アジア最終予選に合わせ、10月3~9日と11月14~20日となっている。

 さいたま市内のクラブハウスで完成したポスターを確認した西川は「普段は笑っていることが多いですけど、写真が真剣モードでいつもと違った西川周作の顔を選んでくれて、新鮮でうれしい。家族も連れて見に行きたいです」とニッコリ。「(リーグ戦)あと6試合、無失点で抑えればチームも勝っていける。“鉄壁の守り”と言われるようにしっかり守っていきたい」と表情を引き締めた。

最終更新:9月13日(火)17時46分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]