ここから本文です

黒子は天空、黄瀬は星屑…「黒バス」キセキの世代のセーラー万年筆が7色で登場

コミックナタリー 9/13(火) 21:52配信

藤巻忠俊原作によるテレビアニメ「黒子のバスケ」と、老舗ブランド「セーラー万年筆」のコラボによる「黒子のバスケ×セーラー万年筆 オフィシャル万年筆 特製インク付きセット」が、通販サイトのPREMICOにて発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

万年筆は黒子、火神、黄瀬、緑間、青峰、紫原、赤司の「キセキの世代」をイメージした全7種類。キャップには各キャラクターにちなんだモチーフや校章がデザインされており、ペン先にはバスケットボールと背番号が刻印されている。またインクの色はインクブレンダーとして活躍する石丸治が調合し、黒子モデルは「天空」、火神モデルは「情熱」、黄瀬モデルは「星屑」、緑間モデルは「翡翠」、青峰モデルは「紺碧」、紫原モデルは「紫陽花」、赤司モデルは「黎明」と、それぞれ詩的な名前が冠された。万年筆はインク吸収用のコンバーターとともに、特製の専用ボックスに収めて届けられる。

各2000セットずつ用意されており、価格は2万1384円。なお先着優先で、図書室に集合する「キセキの世代」が描かれた一筆箋もプレゼントされる。

(c)藤巻忠俊/集英社・黒子のバスケ製作委員会

最終更新:9/13(火) 21:52

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]