ここから本文です

伊調馨 国民栄誉賞に喜び「信じられない気持ちが大きい」

スポニチアネックス 9月13日(火)16時8分配信

 13日に国民栄誉賞の授与が決定した、リオデジャネイロ五輪のレスリング女子58キロ級で金メダルを獲得し、女子個人種目で五輪史上初の4連覇を達成した伊調馨(32=ALSOK)が同日午後4時、受賞記者会見を行った。

【写真】女子個人種目で五輪史上初の4連覇に満面笑みの伊調馨

 伊調は「この度、国民栄誉賞を受賞することができました、自分の中では信じられない気持ちが大きいんですが、これまで私を支えて下さったALSOKや、日本レスリング協会、関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです」と緊張した表情を見せながらも喜んだ。

 「今後、自分のレスリング人生を考えていかなくてはと、今まで以上に身が引き締まる思いです。今後ともよろしくお願いします」と気を引き締めた。

 菅義偉官房長官(67)は授賞理由について「人一倍の努力と厳しい修練の積み重ねにより、世界的な偉業を成し遂げ、多くの国民に深い感動と勇気、社会に明るい希望を与えた」と説明した。

 伊調は、五輪は04年アテネ大会から北京、ロンドンと63キロ級で3連覇を達成し、世界選手権は10度優勝。本人は五輪後の8月に国民栄誉賞受賞の可能性について問われ、「光栄ですけど、それは記録(に対して)とかじゃないと思う。私にはまだかな、と」と話していた。

 ▽国民栄誉賞 1977年に野球の本塁打世界記録を達成した王貞治(当時)の功績を称えるため、政府が創設した。首相が授与式で、表彰状や記念品などを贈る。プロ野球元巨人監督の長嶋茂雄氏、映画監督の故黒澤明さん、歌手の故美空ひばりさん、「なでしこジャパン」らスポーツ、芸能、文化などの分野で功績を上げた23人・団体が受賞している。レスリング界では2012年に受賞した吉田沙保里に続いて2人目となる。

最終更新:9月13日(火)18時38分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]