ここから本文です

オシャレで小さいドラム型洗濯機「Cuble」がモデルチェンジ――「においスッキリコース」など新搭載

ITmedia LifeStyle 9月13日(火)20時9分配信

 パナソニックは9月13日、ななめドラム洗濯機「Cuble」(キューブル)の新製品3機種5モデルを発表した。水平垂直の“キュービックフォルム”を採用したデザイン性の高い洗濯機。価格はオープンプライスで、10月30日に発売する。

新型Cubleの特徴

L:左開きモデル、R:右開きモデル

 水温をコントロールして洗浄力を高める「温水泡洗浄」に「約40°Cにおいスッキリコース」と「約30°Cおしゃれ着コース」を新設するなど機能面を向上させた。

 約40°Cにおいスッキリコースは、洗剤を通常(おまかせコース)の2倍投入し、温水で2度洗いを行うコースだ。皮脂が溶け出す温度(融点)を超え、洗剤に含まれる酵素が活性化する40°C以上の温水を使用することにより、汚れはもちろんニオイの原因となる菌も除去する。このため、部屋干し時の生乾きのようなニオイまで抑えられるという。

 一方の約30°Cおしゃれ着コースは、温水で洗浄力を高めつつ、泡洗浄の泡生成回数を最大2倍に引き上げることで汚れを落とす。同時に洗浄時の“揉み”、“叩き”、“押し洗い”といった動作時間は通常の3分の1として衣類の型崩れや色落ちを防ぐ。なお、2つの新設コースはともに洗濯容量2kgまでとなっている。

 このほか、衣類の縮みやシワを抑えて乾かす「低温風パワフル乾燥」の容量を最大5kg(NA-VG1100のみ)を追加、また「約30°C槽洗浄コース」は洗浄時間を約半分に短縮するなど使い勝手も向上させている。

 設置時の外形寸法は、幅が639mm、奥行きは665(NA-VG710は600)mm、高さ1050mm。

最終更新:9月13日(火)20時9分

ITmedia LifeStyle

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]