ここから本文です

「どうしても全部同時に認識できない12個の点」 格子を使った錯視画像がひたすら不思議

ねとらぼ 9/13(火) 20:26配信

 12個の点が、全部同時に認識できない――そんな錯視画像がTwitterなどで注目を集めています。罫線が縦・横・ななめに規則正しく引かれており、等間隔で交差点に黒い点が配置。全部を視野に入れようとすると、確かにどれかが消えて見えます。不思議!

【点が消えてしまう錯視画像その2】

 立命館大学の北岡明佳教授が、海外の論文をもとに分かりやすい形で作成し、自身のサイトで公開したもの。論文の発表者の名から「ニニオ型」と名付けられています。

 北岡教授がページを公開したのは、2010年1月からと少し前のこと。最近になって海外のTwitterユーザーがこれを紹介したり、ツイートがきっかけでニュースサイトに取り上げられたりして拡散され、日本でも話題となったようです。

画像提供:北岡明佳教授

最終更新:9/13(火) 20:26

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]