ここから本文です

豊洲新市場に開業予定の温泉商業施設、移転延期でも事業継続へ

スポーツ報知 9月13日(火)18時2分配信

 11月7日に予定された築地市場(中央区)の移転が延期された問題で、豊洲新市場(江東区)に温泉商業施設を開業する運営会社の万葉倶楽部(神奈川・小田原市)は13日、今後も開業に向け、事業を進めていく方針を明らかにした。

 同社の事業担当者は「都側から延期についての連絡はない」としつつ「来年1月の建設工事までには何らかの判断が出ると思いますが、現段階では計画を予定通り進めています。今後とも事態を注視していきたい」と話した。施設は自社で設計を行い、関係自治体やテナントとも調整中で、17年1月に建設工事に入る。飲食店部分が18年8月、ホテル部分が19年8月に開業予定で当初から市場開場には間に合わなかった。

 観光拠点となる千客万来施設は飲食店などを170~280店舗入れ、24時間温泉と地上10階建てホテルを整備する計画。年間約193万人の来場を見込み、総事業費は約180億円。

最終更新:9月13日(火)22時29分

スポーツ報知

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。