ここから本文です

【京都】京都橘高のU19代表FW岩崎と東洋大・仙頭がW入団発表会!

スポーツ報知 9月13日(火)18時57分配信

 J2京都への加入が内定している京都橘高3年のU―19日本代表FW岩崎悠人(18)と、同校出身で東洋大4年のFW仙頭啓矢(21)が13日、京都橘高(京都市)でダブル入団記者発表会を行った。

 スピードと運動量が武器のアタッカーで、東京五輪世代でもある岩崎は「お世話になった京都に皆さんに恩返しができるよう、精いっぱい頑張りたい。東京五輪まで京都でプレーして、23歳でドイツがオランダ、その後は27歳でプレミアリーグ(イングランド)に行きたい」と京都、東京五輪を経由しての海外挑戦も目標に掲げた。

 また、12年の選手権で同校を準優勝に導き、得点王にも輝いた仙頭は、繊細なボールタッチを武器に得点だけでなくアシスト力にも優れたタイプ。「京都でタイトル獲得に貢献できるように、将来は日本を背負っていけるような選手になることが目標」と抱負を語っていた。

最終更新:9月13日(火)19時6分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]