ここから本文です

日本人の86%「中国人、好意的でない」 米調査機関

朝日新聞デジタル 9月13日(火)23時8分配信

 米調査機関ピュー・リサーチ・センターが13日公表した日中の国民感情に関する調査で、日本人の回答者の86%が中国人が「好意的でない」と答え、2006年(71%)から悪化した。日本人が「好意的でない」と答えた中国人も81%と10年前(70%)から増えており、日中の相互感情が悪化した状況が浮き彫りとなった。

 中国人が「横柄」「暴力的」と答えた日本人の割合は、10年前より増えた。18~34歳の若者層より50歳以上の高齢層が、中国人により否定的だった。

 第2次世界大戦中の日本による中国での軍事活動について、日本が中国に「十分謝罪した」と答えた日本人は53%で、10年前(40%)から増えた。一方、日本が「十分謝罪していない」と答えた中国人は77%で、10年前(81%)と比べても高止まりしている。

 尖閣諸島などの領有権問題が軍事衝突につながる可能性について、日本人の35%が「とても懸念している」、45%が「いくらか懸念している」と答え、8割が懸念を示した。中国人の懸念は日本よりは低く、18%が「とても」、41%が「いくらか」懸念していると答えた。調査は今年4~5月、日中など4カ国で行われ、7618人から回答を得た。(ワシントン=五十嵐大介)

朝日新聞社

最終更新:9月14日(水)0時53分

朝日新聞デジタル