ここから本文です

【オリックス】糸井、大谷164キロに「しびれた…」2点先制打放つも2年連続CS進出逃す

スポーツ報知 9月13日(火)22時40分配信

◆日本ハム4―2オリックス(13日・札幌ドーム)

 オリックスが15試合を残し、2年連続でCS進出を逃した。

【写真】大谷が日本新となる164キロをマーク。この球を糸井が強振し先制の右前適時打を放った

 3回1死二、三塁で糸井が先制の2点打。「いいところに落ちてくれた。(手が)しびれた…」と大谷の164キロを右前へ運んで沸かせたが、先発・西が捕まった。4回に追いつかれ、7回には中島の勝ち越し2点二塁打。リーグ最多となる12敗目を喫した右腕は「7回は大事な場面だということは分かっていたんですが…」と肩を落とした。

 福良監督も「最後の詰めのところ。もったいなかった」と残念がり、「これだけ負けたら仕方ない。若い連中が頑張ってくれれば…」と奮起を促していた。

最終更新:9月14日(水)0時40分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)