ここから本文です

デビュー28年目の田中要次、ダークヒーローで映画初主演!

スポーツ報知 9月14日(水)6時6分配信

 俳優の田中要次(53)が、映画「蠱毒(こどく) ミートボールマシン」(来年公開予定、西村喜廣監督)でデビュー28年目にして初めて映画主演することが13日、分かった。

 演じるのは、仕事もプライベートもさえない50歳の中年男。がんに侵され余命幾ばくもないが、ひそかに思いを寄せる女性(百合沙)を守るために奮起。人間の頭に寄生し、体を乗っ取る謎の生命体「ユニット」と戦う。男も寄生されるが、最終形態にならず、人格は残ったまま。醜い姿になりながらも、ダークヒーローとして愛する人のために身をささげる。

 田中は、フジ系人気ドラマ「HERO」(木村拓哉主演)で「あるよ!」が決めゼリフのマスター役で脚光を浴びた名脇役だ。「この年で主役が回って来ると思っていなかった…。驚きと、僕でいいのかという気持ち。『僕を主役で撮りたい』と思っている方がいるのはうれしいし、チャンスを逃したくなかった」と感謝。「『HERO』のマスターも、実はヒーローだったというスピンオフの話を、スタッフに提案したことがあったんです。それを、かなえてもらったように感じた。スタイルは違うけど、新しいヒーロー、珍しいヒーローの誕生です」と喜びを爆発させた。映画「シン・ゴジラ」で特殊造形プロデューサーを務めた西村監督は「田中さんが本当のヒーローになる映画」と気合を入れた。

 ◆田中 要次(たなか・ようじ)1963年8月8日、長野県出身。53歳。82年国鉄に就職。87年国鉄民営化でJR東海社員に。89年、佐木伸誘の音楽ビデオ「SEEK AND FIND」に初出演。90年脱サラして上京、竹中直人監督「無能の人」に照明助手として参加。録音助手、付き人をしながらスタッフ兼業で映画を学ぶ。98年独立。身長178センチ。血液型A。

最終更新:9月14日(水)6時6分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。