ここから本文です

レイザーラモンHG、月収7000円のどん底で妻・杏奈が放った年商5億円の“逆転弾”

スポーツ報知 9月13日(火)23時37分配信

 お笑い芸人・レイザーラモンHGこと住谷正樹(40)の妻でタレント・住谷杏奈(33)が、13日に放送された日テレ系バラエティー番組「ナイナイアンサーSP 実録どん底乗り越えた芸能人夫婦」に出演し、夫が月収1200万円から7000円に転落して一念発起し、現在は最高年商5億円のビジネスをしていることを紹介した。

【写真】夫のピンチを救った住谷杏奈

 杏奈は「フォー!」で一世を風びしたHGと06年8月に結婚した。

 HGは当時、最高月収1200万円だったこともあり、生活に苦労はない“セレブ生活”。ところが次第に人気が下火となり、09年夏に思いがけない事故が起きた。

 HGが「ハッスルツアー2009」出場中に負傷。試合後に救急車で都内の病院に搬送され、左かかとの骨折と診断された。入院生活中は芸能活動ができないこともあり、月収は7000円になってしまったという。

 番組によると、杏奈は「通帳を見て7000円と書いてあったときに、現実味を感じて。でもそれを主人に言ったら責任を感じてしまうから言わなかった」と一念発起。骨折で入浴できない夫の身体を拭くためにアロマを使っていた時に言われた言葉をきっかけに、美容石鹸を開発した。

 10年に自身が開発に携わった「トマト石鹸」「カボチャ石鹸」を発売すると、初日に6000個を完売。1000万円以上が振り込まれた。杏奈のおかげで、住谷家は全盛期の夫の収入さえ上回るようになった。杏奈は売上を聞かれると「(最高)年商5億。手取りじゃないんですけれど」と明かしていた。

最終更新:9月14日(水)9時35分

スポーツ報知