ここから本文です

【MLB】イチロー、“猛打賞”の活躍で歴代25位に浮上 マーリンズは敗戦

ISM 9月13日(火)15時58分配信

 マイアミ・マーリンズのイチロー外野手は現地12日、敵地でのアトランタ・ブレーブス戦に2番レフトで先発出場。5打数3安打、1打点、2得点と“猛打賞”の活躍を見せた。

 イチローは初回にツーベースを放つと、4回2死一、三塁の場面で迎えた第3打席ではライトへのタイムリーをマーク。さらに6回にもライト前ヒットを記録した。これでメジャー通算3,025安打とし、殿堂入り外野手のルー・ブロック氏(元セントルイス・カージナルスほか)を抜いて歴代25位に浮上している。

 マーリンズは7点ビハインドの4回に打者11人の攻撃で5点を返すと、6回にも2点を加えて試合を振り出しに戻す。しかし、直後の裏に1点を勝ち越されると、その後は打線も反撃の糸口をつかめず7対12で敗れた。

 この日マーリンズの先発を務めたアンドルー・キャッシュナー投手は、2回0/3を7失点の大乱調。「今日は全く制球がつかなかった。まだチームはワイルドカードを争っているから、絶対に良い投球をしなければならなかった。多分、今季最低の出来だったと思う」と、肩を落とした。(STATS-AP)

最終更新:9月13日(火)15時58分

ISM

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。