ここから本文です

【巨人】CS下克上へ14年の4連敗屈辱「思い出せ」!阿部「悔しい気持ちが力になる」

スポーツ報知 9月14日(水)6時7分配信

 巨人・阿部慎之助捕手(37)が13日、下克上日本一へ向け、“ビデオ観賞のススメ”を説いた。短期決戦のクライマックスシリーズ(CS)を勝ち抜くためには、精神面の充実が大切と力説。リーグ3連覇を達成した14年、本拠地・東京DでのCS最終Sで、阪神に4連敗したことに触れ「その映像を見ればいい。悔しい気持ちを思い出せば、それが力になる」と訴えた。14日の中日戦(ナゴヤD)から始まる11連戦で心技体を研ぎ澄ませ、リベンジの準備を整える。

 次なる目標へ、阿部の気持ちは切り替わっていた。10日の広島戦に敗れ、東京Dでの胴上げを許すという屈辱を味わったが、これで燃えないはずがない。「優勝を逃してしまったという現実は変わらないけど、それをしっかり受け止めて、次、やり返せばいい」。2位を死守し、CS第1Sを突破すれば、広島にリベンジするチャンスが訪れる。下克上日本一へ、まだまだ戦いは終わっていない。

 闘志をかき立てるために、あえて苦い記憶を引っ張り出す。セ3連覇した14年。阪神とのCS最終Sは、まさかの4連敗であっけなく幕を閉じた。「その映像を見ればいい。技術じゃなくて、気持ちが大事。その時は『コンチクショー!』とみんな思ったけど、時間がたつとそれを忘れちゃう」。長い長いシーズンを勝ち抜いた喜びもつかの間、たった4試合でどん底に突き落とされた。CSのような短期決戦では、精神面をどれだけ充実させられるかが鍵。その最も有効な手段が、屈辱ビデオ観賞というわけだ。

 あの秋は阿部だけでなく、村田も長野も坂本も、阪神にスイープされた悔しさを味わった。加えて、今季は広島にもやられっぱなしだった。4・5差に大接近して迎えた8月7日の直接対決(マツダ)では、1点リードの9回に試合をひっくり返され、サヨナラ負け。最後の反撃を期した8月24日の同カード(東京D)でも逆転負けを喫し、マジック点灯を許した。「悔しい気持ちを思い出せば、それが力になる」。百戦錬磨の大黒柱は、そう力説した。

 チームはこの日、新幹線で名古屋入りした。14日の敵地・中日戦からは11連戦に突入する。高橋監督は、残り14試合の戦いについて、「緊張感を切らさないように。調子が悪い人は上げないといけないし、いい人は維持させないといけない」と求めた。技術面の調整を進めると同時に、緊張感を高めていくためにも、今後は一戦一戦が貴重な機会。屈辱を胸に、巻き返しの舞台へ備える。(尾形 圭亮)

 ◆屈辱の14年のセCS最終ステージ


 ▽第1戦(10月15日)●1―4
 先発・内海が初回に3失点し、3回にも追加点を奪われる展開。打線も藤浪の前に沈黙し、7回に阿部のソロで1点を返すも完敗。



 ▽第2戦(同16日)●2―5
 相手先発・岩田に好投を許し、得点は7回に井端が放った2ランのみ。先発・沢村は5回に上本への頭部死球で危険球退場。



 ▽第3戦(同17日)●2―4
 初回に阿部の適時打、3回に亀井のソロでリードを奪うも、6回に杉内がつかまり、7回には山口が勝ち越しを許して逆転負け。



 ▽第4戦(同18日)●4―8
 先発した小山が3本塁打を浴び、2回途中6失点でKO。亀井の2戦連発となるソロで反撃したが、打線は13安打10残塁と決め手を欠き、4連敗で日本シリーズ進出を逃した。

最終更新:9月14日(水)23時41分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]