ここから本文です

安住アナ、みのもんたから「TBSで骨を埋めて」に苦笑「考えさせて」

オリコン 9月14日(水)6時0分配信

 タレントのみのもんた(72)とTBS・安住紳一郎アナウンサー(43)が21日に放送される同局スペシャル番組『どうぶつ奇想天外!』(後7:00~)の収録後、囲み取材会に出席した。1993年10月16日から2009年3月29日まで15年半、動物たちの生き生きとした魅力や生態をクイズ形式で届けてきた同番組が7年半ぶりに復活する。番組の開始当初から司会を担当してきたみのは「このタイトルの素晴らしさを感じました。改めて地球を大切にしなければ。孫、ひ孫の世代まで残さないといけないとひしひし感じました」と感慨深げに明かした。

【出演者集合】向井理、ももクロらも登場

 当時はリポーターとして番組に携わっていた安住は、今回司会としてアナウンサーの大先輩であるみのと初共演。みのから「新進気鋭の爽やかないい青年だと思っていたけど、その後の活躍をみるとTBSは素晴らしい人間を採用した。できれば、TBSで骨を埋めてほしい」と念を押され、安住アナは「あー…そうですね…いろいろ考えさせていただきますね」とタジタジ。「憧れのアナウンサーの先輩と仕事ができるのは至極の時間。忘れられない一日になりました」と恐縮していた。

 レギュラー出演者だった高田純次と渡辺満里奈、司会を務めていた雨宮塔子アナウンサーなど懐かしのメンバーが集結し、さらに番組が生んだ“スター”であるさかなクンも取材からスタジオまで縦横無尽に活躍。さらに番組をみて育った世代として、ももいろクローバーZがロケ班とスタジオ班に分かれ、リーダーの百田夏菜子は長崎の水族館(九十九島水族館・海きらら)で、日本でもここのイルカしかできないパフォーマンスの秘密をリポートする。

 582回の放送の中で訪れた国と地域は50以上、総移動距離は地球142周分にも及ぶ。世界中で動物を追いかけその真の姿をカメラに収めてきたが、今回北極で幻の珍獣・イッカクやアフリカで過酷な乾季を生き抜くカバの物語などを紹介。そのほか『芸能人・飼い主とイヌの絆を確かめる「待て」対決』『どうぶつ・異種対抗・エサ取り実験』など野生動物からペットまで奇想天外な生態に迫っていく。

 みのは「ぼくももう72歳なのであと6、7年以内にやってほしい」と早くも再復活を熱望。「映像が勝負なところは変わらないね。あの当時ときょう、どちらも新しいも古いもない素晴らしい出来でしたよ」としみじみ語っていた。

最終更新:9月14日(水)6時0分

オリコン