ここから本文です

“ニセ”深キョン、アカウント凍結 結婚ツイートを拡散

オリコン 9月13日(火)19時46分配信

 女優・深田恭子(33)の“偽ツイッター”で“結婚報告”を拡散したアカウント(@fukada_officiaI)が13日(午後7時42分現在)までに凍結された。

【画像】話題となった偽ツイッターの結婚報告

 事の発端は“偽者”がきのう12日、深田の名を語り「皆様にご報告がございます。 一部の方には既にご報告させて頂いておりましたが、兼ねてより交際しておりました方とこの度入籍させて頂く事になり、幸せな家庭を築き上げて行きたいといったツイートをする予定はまだございませんのでご安心ください」とツイートとしたこと。

 プロフィール欄には、所属事務所であるホリプロ、インスタグラムアカウントなどのリンクがあり、公式であるかのようなID「@fukada_officiaI」のため、深田本人だと思い込むファンも現れていた。

 この事態を受け、深田が所属するホリプロも13日公式サイトで「深田恭子になりすましたツイッターがあるようですが、本人のものではありません。ホリプロのHP、ホリプロスクエア、公式インスタグラム以外にオフィシャルなものはありませんので、ご注意ください」と呼びかけ。現在、“偽ツイッター”へアクセスすると「凍結済みアカウント」と記載されている。

最終更新:9月14日(水)12時49分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。