ここから本文です

【GOLF】松山英樹は世界ランク18位でPOシリーズ最終戦へ

ISM 9月13日(火)11時54分配信

 最新のゴルフ世界ランキングが現地時間11日に発表され、松山英樹は18位で米男子ツアーのプレーオフシリーズ 最終戦 ツアー選手権(22日~25日/ジョージア州イースト・レイクGC)を迎えることとなった。

 米男子ツアーのBMW選手権で24位タイで終えた松山は前週の16位から転落。同大会で今季3勝目を挙げたダスティン・ジョンソン(米)は2位をキープした。その他、1位ジェイソン・デイ(豪)、3位ローリー・マキロイ(北アイルランド)、4位ジョーダン・スピース(米)、5位ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)と上位勢に変動はなかった。

 また、来季出場権をかけた“ウェブ・ドットコム・ツアー・ファイナルズ”の初戦 DAP選手権でプロ初勝利を飾ったブライソン・デシャンボー(米)は54ランクアップの109位。一方、同大会39位タイの金庚泰(韓)は同ランク54位、予選落ちを喫した岩田寛は同229位に沈んでいる。

 日本勢では、2番手の谷原秀人が前週の71位から4ランクダウンの75位。池田勇太が100位、石川遼は130位に後退した。

最終更新:9月13日(火)11時54分

ISM