ここから本文です

ヤクルト・真中監督、続投正式決定!堀オーナーV奪回厳命

サンケイスポーツ 9月13日(火)5時0分配信

 ヤクルト・真中満監督(45)が来季も続投することが12日、正式に決定した。衣笠剛球団社長兼オーナー代行(67)がこの日、東京都内で堀澄也オーナー(81)と会談。続投が了承され、近く球団から発表される。真中監督は来季が3年契約の最終年。今季は優勝を逃したが、堀オーナーはV奪回を期待。球団側も好調な業績などを背景に“真中体制”を全面バックアップする。

 2017年も真中ヤクルトで-。衣笠球団社長はこの日、東京都内で堀オーナーと会談。3年契約の最終年となる来季に向け、契約通りに続投が了承された。

 衣笠球団社長によれば、堀オーナーは会談の席で叱咤(しった)激励。「契約通り、来年も真中監督に任せる。来年のリーグ優勝、そして日本一を目指して頑張ってくれ」との期待の言葉があったという。

 真中監督は昨季、就任1年目で2001年以来14年ぶりのリーグ優勝を達成した。しかし、今季は開幕から投手陣が不振。守護神のオンドルセクは首脳陣に悪態をつくなどして退団した。昨季のタイトルホルダーも相次いで故障。6月中旬に打点王の畠山、7月に首位打者の川端、8月には山田が戦列を離れた。

 厳しい状況の中でも一時の最下位から4位に浮上し、3位・DeNAとクライマックスシリーズ(CS)出場権を争う位置まできている。移籍1年目の坂口(前オリックス)の活躍や、西浦や西田ら若手の台頭も見られ、真中監督の采配、起用方針などを球団側も高く評価している。

 真中監督を支えるバックアップ体制も整えられる。5日には東京・北青山の球団事務所で編成会議を開催。来季に向けた編成作業に着手し、今季国内フリーエージェント(FA)権を取得した中日・平田の調査などを進めていることも判明した。バレンティンとの残留交渉、新外国人の獲得、課題の投手陣の補強なども本格的に始まるものとみられる。

 チーム強化への“追い風”も明らかになった。衣笠球団社長がこの日、東京都内で開かれたプロ野球オーナー会議後、今季のグッズ売り上げが昨年の約8億円を超える過去最高の9億円に達したことを明かした。さらに「クライマックスシリーズ(CS)に出れば10億円に届く」と説明。2億円に満たなかった2013年から4倍以上の売り上げ増を実現した形だ。

 球団の担当者は、昨季のリーグ優勝でファンが増加したことに加え、今季からユニホームがマジェスティック社製に替わったこと、山田哲人内野手(24)の背番号「23」から「1」に変更されたことなどが買い替え需要を喚起したと分析。人気の球団マスコット・つば九郎のグッズも依然好調で、順調な球団経営も積極的なチーム強化の後押しになる。

 13日からのCS進出を争う3位・DeNAとの直接対決2連戦(神宮)へ、真中監督は「可能性のある限り全力で戦う。まだ誰も諦めていない」と言葉に力を込めた。まずはAクラス入りを果たし、来季への布石とする。

最終更新:9月13日(火)5時0分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]