ここから本文です

スコーピオンズ、ミッキー・ディーが正式加入

BARKS 9月19日(月)0時6分配信

スコーピオンズは、ジェイムス・コタック(Dr)の代わりにツアーに参加していたモーターヘッドのミッキー・ディーが正式にバンドに加入したことを発表した。

◆スコーピオンズ画像

バンドは月曜日(9月12日)、以下のような声明を出した。「俺たち、これだけ長い間バンドに在籍し、友情を保ち続けてきたジェイムスに感謝したい。治療の最終段階に入り、彼に時間が必要なことを理解し尊重している」

「アメリカ、ヨーロッパ、アジアでの公演が大成功し、俺たちはミッキー・ディーという素晴らしいドラマーを見つけたと確信している。彼はバンドに新しいエネルギーを持ち込んだ。この先、エキサイティングな時間を共にできるのを楽しみにしている」

ディーは、こうコメントしている。「僕はいま、スコーピオンズの正式なメンバーだ。このレベルでドラムをプレイし続けることができるのを本当に光栄でラッキーだと思っている。僕はスコーピオンズを聴いて育ち、ずっとこのバンドを愛してきた。僕らは長い間友人で、今年、クラウス、ルドルフ、マティアス、パウエルと旅しパフォーマンスするのはすごく楽しかった。クルーもすごくプロフェッショナルだ。スコーピオンズ・ファンはとても歓迎してくれたし、その中で、あのクレイジーでワンダフルなモーターヘッド・ファンに会えたのは嬉しかった」

「友人、ブラザーであるレミーとフィルと過ごしたモーターヘッドでの素晴らしい25年に幕を閉じたが、これは、この先ずっと僕のドラムのバックボーンであり続ける。レミーはいつだって、真のロック・バンドだとスコーピオンズをとてもリスペクトしていた。彼は、僕が前に進み、この一流のバンドとプレイするのを誇りに思ってくれると確信している」

コタックは1996年にスコーピオンズに加入。2014年にドバイの空港で泥酔した状態でイスラム教徒を侮辱し逮捕され、その後、アルコール依存症のリハビリに入った。昨年、バンド活動に復帰したものの、万全ではなかった。

Ako Suzuki

最終更新:9月19日(月)0時6分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。