ここから本文です

グラストンベリー・フェスティバル、2018年はお休み

BARKS 9月19日(月)0時7分配信

グラストンベリー・フェスティバルが、2018年は開催しないことを発表した。農耕地で開かれる同フェスティバルは1981年以降毎年開催されるようになってから、数年に1度“休閑”の年をもうけている。最近では、ロンドン・オリンピックが開催された2012年に休みを取っていた。

◆グラストンベリー・フェスティヴァル画像

主催者は月曜日(9月12日)、「農場、村、フェスティバル・チームを1年間休ませるため、2018年を次の休閑の年とします」と告知した。

また、2017年度のチケットは10月9日に発売を開始するそうだ(コーチ&チケットのセットは6日から)。毎年、ラインナップの発表前にも関わらず、10万枚以上のチケットが数十分で売り切れる。チケットの購入を希望する人は、オフィシャル・サイトで事前登録する必要がある。こちらの受け付けは10月3日から。

今年のグラストンベリー・フェスティバルは、ミューズ、アデル、コールドプレイがヘッドラインを飾った。まだ早いが、2017年はガンズ・アンド・ローゼズやレディオヘッド、ストーン・ローゼズ、フー・ファイターズ、ダフト・パンク、デペッシュ・モード、AC/DCなどが噂されている。フェスティバルは6月23~25日に開催される。

Ako Suzuki

最終更新:9月19日(月)0時7分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。