ここから本文です

「悪童」マリオ・バロテッリ、復活なるか? 2ゴールでフランスデビュー

AbemaTIMES 9月13日(火)12時0分配信

フランス・リーグ1は11日、第4節の試合が行われ、ニースはマリオ・バロテッリが2得点を挙げる活躍を見せ、3-2でオリンピック・マルセイユに勝利した。くすぶり続けた「悪童」の復活を世界中のサッカー・メディアが伝えている。

イングランド・プレミアリーグ、リバプールで出番を失い退団。その後移籍先がなかなか決まらなかった元イタリア代表だが、リーグ・アンの新天地ニースでのデビュー戦に先発出場。前半7分にPKを慎重に決め先制。その後マルセイユのタウヴィン、ゴミスのPKでの得点で逆転されるも、後半33分バロテッリが右サイドからのクロスに合わせヘッドを沈めて同点。その後シブリアンのロングシュートで逆転に成功したニースが勝利。4戦3勝1分けモナコと並んでリーグ首位となった。

かつてはインテル、マンチェスター・シティ、ACミラン、リバプールとメガクラブを渡り歩いた「神童」も、ピッチ内外での数えきれない問題行動と、度重なるパフォーマンス不足により26歳にして窮地に追い込まれていたのも事実。行き着いたニースで、早くも結果を出したが完全復活と呼ぶのには懐疑的な声も少なくない。

特にリバプールを完全に干されるような形で去ったバロテッリだけに、まだクラブへの「怨念」が続いているのも事実だ。試合後には英メディアに「リバプール行きは人生最悪のチョイスだった。ファンやチームメイトとは良好だったが、2人の監督(ブレンダン・ロジャース、ユルゲン・クロップ)には良い印象はない」と発言するなど批判を展開している。

リバプールといえば、OBでクラブのレジェンド、ジェイミー・キャラガー氏とのネット上での舌戦もここ1週間の話題となっていた。ニース移籍時にキャラガー氏が「タダでも高い買い物」とバロテッリを痛烈に批判したことをきっかけに両者のツイッター上での罵り合いがエスカレート。
バロテッリは「キャラガーはバッドプレイヤーだが、ヘイターとして素晴らしい」と皮肉り、一方のキャラガー氏も「せいぜいニースでバロンドールを目指すことを願っているよ」と応戦するなど大人げないやりとりが続いていた。


イギリスでの悪い思い出に執着し「毒舌」を吐く懲りない性格は相変わらずだが、地元を含むフランスのメディアは「ダービーのヒーロー」「イブラヒモビッチのデビュー以来の衝撃」とPSGを去りイギリスに渡ったイブラヒモビッチの穴を埋めるフランスリーグのスターとして、今のところは好意的に報じている。
また彼の代理人ミノ・ライノラはイタリアメディアに「この2年間をちゃらにするには、まずは20ゴールマークすること」と宿題を出している。

フランス・リーグ1で華々しいデビュー戦を飾ったバロテッリだが、身内すらまだ安心していないようだ。

最終更新:9月13日(火)12時0分

AbemaTIMES

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]