ここから本文です

「深田恭子」を名乗るTwitterアカウントは偽物 “結婚報告フェイント”が話題

BuzzFeed Japan 9月13日(火)13時30分配信

Twitterアカウント「深田恭子(@fukada_officiaI)」の、9月12日夜の投稿が話題になっている。【BuzzFeed Japan / 井指啓吾】

「皆様にご報告がございます。

一部の方には既にご報告させて頂いておりましたが、兼ねてより交際しておりました方とこの度入籍させて頂く事になり、幸せな家庭を築き上げて行きたいといったツイートをする予定はまだございませんのでご安心ください。」

しかし、このアカウントは深田さん本人ではなく、何者かによる“なりすまし”である。

公式であるかのようなID「@fukada_officiaI」は、最後の「I」が、小文字の「エル」ではなく大文字の「アイ」になっている。

プロフィール欄に、所属事務所であるホリプロへのリンク、Instagramアカウント(こちらは本物)へのリンクがあるため、深田さん本人だと思い込んでいる人も多そうだ。

ホリプロはBuzzFeed Newsの取材に対して、「把握しているアカウントではなく、偽物です」と、深田恭子さんのなりすましアカウントであることを断言した。

過去には、剛力彩芽さんや広瀬すずさんのなりすましアカウントもあった。

有名人の多くは、Twitterが本人確認をした相手に付与する、青いチェックマークの認証バッジの付いたアカウントを運用している。なりすましアカウントを見破るための、一つの判断基準にするとよいだろう。

なお、@fukada_officiaIによるこの投稿以前に、同様の文言を投稿しているアカウントが複数ある。

今回は、なりすましアカウントによる、他ユーザーのネタを真似た“パクツイ”だった。

最終更新:9月13日(火)13時30分

BuzzFeed Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。