ここから本文です

元教え子のスアレスを絶賛するセルティック指揮官「世界最高のフットボーラーだ」

GOAL 9月13日(火)7時50分配信

リヴァプール時代にともに仕事をしたロジャースとスアレスがCLで再会

セルティックを率いるブレンダン・ロジャース監督は、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが世界一のプレーヤーだという見解を明かした。『スカイスポーツ』が報じている。

ロジャースとスアレスはともに元リヴァプール。近年では最高のシーズンとなった2013-14シーズンにロジャースは監督として、スアレスはエースとして在籍していた。

13日に行われるチャンピオンズリーグのグループステージでは、ロジャースがセルティックの指揮官として、スアレスはバルセロナのプレーヤーとして対戦する。再会に際し、元教え子について以下のように語っている。

「スアレスは知りうる中で最も美しい男の一人だ。とても謙虚である一方、精力的に働いてくれる。真のプロフェッショナルと言える男なんだ。家庭的な一面も持っている。生活のすべてをフットボールと家族に注いでいるんだ」

「幸運なことに彼とは2年ほど一緒に働くことができた。素晴らしかったよ。世界最高のフットボーラーだと思う」

なお、困難な道程が予想されるバルセロナとの対戦に関しては、「ルイスに加えてネイマールと(リオネル)メッシが加わった場合、(彼らを抑えることは)とても難しいタスクになることは分かっている。しかし、監督としてはいい結果を得られると信じてやっていかないといけない」と前向きに語った。

最終更新:9月13日(火)7時50分

GOAL

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。