ここから本文です

早い者勝ちの「九州ふっこう割」 利用する方法はこの2つ

マネーの達人 9/13(火) 4:54配信

お詫びと訂正

「九州ふっこう割」とは、熊本地震への復興支援策の一環として、政府が九州地方への旅行を支援するという制度。

今のところ、7月~12月の期間の旅行に対して割引があります。私はこのことについて、今年の6月に皆様へお伝えしたのですが、その中に間違いがあったことを、まずお伝えせねばなりません。

×「熊本県と大分県は、割引率が最大で70%。10月以降は割引幅が半分になる。」

○「熊本県と大分県は、割引率が最大で70%。10月以降の最大割引率は50%になる。」

ええ。70%の半分は35%。ですがそうではなく、50%でした。すみません。

いや、6月時点では割引幅が半分になるという話だったんですけどね…。3か月経つと、上記のように数字が変わっていたっていうことなんです。

ちなみに、九州地方の他の5県(福岡・佐賀・長崎・宮崎・鹿児島)への旅行については、10月以降からは最大40%の割引となります。

第一期である7月~9月の分の売れ行きが、芳しくなかったのかもしれませんね…。

旅行社へは早い者勝ち!

九州ふっこう割を利用する方法は、大きく分けて2つ。

■1. 旅行社を使う方法

この「九州ふっこう割」が利用できる宿泊旅行と、交通付き宿泊旅行が、各旅行者から販売されています。これに申し込むだけ。ただし、これらは早い者勝ちなので注意しましょう。

ちなみに、「じゃらん」や「るるぶトラベル」,「楽天トラベル」といったネット系旅行社ではすでに申込受付を開始しています。

とはいえ受付開始は9月9日(金)でした。先ほど(この文章を書いている11日夜です)確認したところ、まだ売れ残りがありました。

急げ!

もちろん、各旅行会社の窓口で申し込むという方法もあります。こちらについては、発売日や取扱う県は旅行社によってまちまちなので、直接問い合わせるのが良いでしょう。

■2. 抽選に応募する方法

もう1つ、佐賀県と宮崎県への旅行では取り扱いがないのですが、抽選に応募するという方法もあります。こちらは、コンビニが窓口になっていますが、県によってはハガキでの申し込みが可能なところも。

しかし! 応募締め切りは早い県で9月13日(火)、遅くとも16日(金)です。(コンビニ申し込みの場合)

やっぱり急げ!

ダメ! 転売

お得に旅行を楽しみながらも、九州復興を支援することもできるという「九州ふっこう割」。利用しようとするとイヤでも何度も目にすることになるのですが、ここでも一応述べておきます。

購入した割引旅行券の転売はダメです。趣旨に反していますし、利用時に身分証明が必要とのことですので、実際利用できません。

ということは「余ったから友達にあげよう」もダメですね。使う分だけ申し込みましょう。その分、たくさんの人が九州へ行けるわけですから。(執筆者:徳田 仁美)

最終更新:9/13(火) 5:21

マネーの達人