ここから本文です

ソフトバンク緊急配備 バンデン18日先発、東浜をブルペン待機

西日本スポーツ 9月13日(火)9時41分配信

 死闘を勝ち抜け、V3へ緊急配備! 福岡ソフトバンクの工藤公康監督(53)が12日、終盤戦の投手スクランブル起用方針を固めた。先発ローテでは故障明けのリック・バンデンハーク投手(31)を18日のオリックス戦(ヤフオクドーム)で投入。一方で東浜巨投手(26)を前回先発から中3日となる、きょう13日の楽天戦(コボスタ宮城)からブルペン待機させる。首位日本ハムと0・5ゲーム差で残り14戦。策の限りを尽くす。

笑顔でキャッチボールする東浜

■見切り発車は承知

 壮絶なデッドヒートの中、工藤監督が新たな勝負手を繰り出す。スクランブル・シフトの投手起用。故障明けのバンデンハークを、半ば見切り発車は承知で戦線投入する。「今のところ上(1軍)でと考えている。球数の制限とかはあるかもしれないけど。(本人も)いけるということみたいなので」。登板日の明示こそ控えたが、初登板から14連勝の日本タイ記録保持者を、18日に先発させる。

 バンデンハークは蓄積疲労などで6月から離脱。8月に2軍戦登板も再び実戦から離れ、今月3日に本格復帰した。前回9日は5回を3安打零封。指揮官は「聞いている限りでは真っすぐも152キロ出てたみたいだし」と把握する。この5イニングが離脱後最長ながら「百(パーセント)とは言わなくても、今の時期は野手も含めて、百の状態の選手なんかいない」とあえて度外視。本来志向する万全を期した起用ではないものの、この局面を乗り越える鍵としている。

 きょう13日からの楽天2連戦は武田、和田が先発。両者は翌週、日本ハムとレギュラーシーズン最後の直接対決へ向かう使命も帯びる。千賀は前回5回5失点KOで状態が気がかりだったが、順当にオリックス3連戦の初戦17日。バンデンハークを挟み、19日の同カードは中田。先発で2連勝中だ。

 復帰初戦のバンデンハークは一定の制限下での起用を見越す上、和田が2試合連続の中5日登板。こうした先発陣をバックアップするため、ローテの一角を担い、8勝をマークしている東浜がブルペン待機することになった。前回9日オリックス戦では7回93球。「状態次第」の条件付きながら、中3日の13日からベンチ入りする方向だ。今季登板は先発に限らず、開幕直後に救援登板も経験。今月に入り先発から中継ぎに回っている岩崎とともに、万能型リリーバーとしてチームに貢献することになる。

1/2ページ

最終更新:9月13日(火)9時41分

西日本スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)