ここから本文です

25年ぶりカープ優勝 広島 祝賀ムード全開

日本農業新聞 9月13日(火)7時0分配信

グッズ付き定貯 JAバンク

 プロ野球セ・リーグで10日、広島東洋カープが25年ぶりにリーグ優勝した。祝賀ムードに包まれる広島県ではJAバンク広島が12日、同球団とタイアップした「カープ優勝記念定期貯金」を期間限定で発売した。優勝の喜びを、より多くの県民と分かち合おうと企画。契約者にグッズをプレゼントする他、抽選でユニホームや来季の公式戦チケットが当たる。

 新規で25万円以上の定期貯金を契約した人に、優勝記念オリジナルグッズ「ユニホーム型マグネットクリップ」を先着でプレゼントする。クリップには、今年のユニホームに2016年のスローガン「真赤激(まっかげき)」や鈴木誠也選手を表す言葉「神ってる」をデザインした。

 販売期間は10月31日まで、県内全てのJA店舗で扱う。プレゼントの抽選は来年3月に行う。

新米や青果特売 JA直売所

 広島東洋カープのリーグ優勝を祝い、地元の農産物直売所も野菜や新米を特売した。

 JA全農ひろしまの「とれたて元気市」(広島市安佐南区)は11、12の両日、「優勝おめでとうセール」を開催。球団とのタイアップ商品「カープ応援米」(コシヒカリ)を5キロ1780円で販売した他、出荷者の協力を得て、野菜・果実を特価で販売した。トマト「パルト」を出荷した同市安佐北区の佐藤和夫さん(65)は「物がない時期で普段なら高値で売れるが、今日は特別」と、通常の3割引きの300グラム140円で並べた。

 11日は、25年ぶりの優勝にちなんで精肉売り場全品を25%引きで提供。開店と同時に行例ができた。12日は野菜の福袋(1袋250円、500~600円相当)100袋を用意。「カープ応援米」の特価販売は約1週間続ける予定だ。

日本農業新聞

最終更新:9月13日(火)7時0分

日本農業新聞