ここから本文です

テスラの新型SUVは「生物兵器」に対応 車内の空気は手術室レベル

乗りものニュース 9月13日(火)7時0分配信

上に開く「ファルコンウィングドア」

 テスラモーターズジャパンが2016年9月12日(月)、SUV「テスラ モデル X」を国内で初公開しました。日本で発売されるSUV市販車として、初の100%電気自動車「E-SUV」といいます。

強すぎる新型「プリウス」独走続く【乗用車販売台数ランキング最新版】

 全長5037mm、全幅2070mm(ミラー格納時)、全高1.68m、車両重量2468kgで、最大100kWhのバッテリーを搭載。航続距離542km(NEDC推定航続距離)、最高速度250km/h、停止から100km/hまでの加速タイムが3.1秒という性能を誇ります(いずれも最大値)。バッテリーとドライブユニットは「8年間距離無制限」の保証です。また、自動的に効率を最大化する「アクティブスポイラー」を備え、ドラッグ係数は全SUVのなかで最も低い0.24とのこと。

 ドアが「ファルコンウィングドア」という、上方へ開く構造なのも特徴。ミニバンのスライドドアより狭いスペースでも開けることができ、かんたんに子どもをバックシートへ乗せられるそうです。

「バイオウェポン ディフェンス モード(生物兵器防衛モード)」とは?

「テスラ モデル X」は、車内の環境に力を入れているのもポイント。業界初の医療用HEPAエアフィルトレーションシステムを採用し、外の状況にかかわらず、車内を手術室と同レベルのクリーンな空気で満たすことができるそうです。

 また、このシステムには3種類のモードがあり、「バイオウェポン ディフェンス モード(生物兵器防衛モード)」では、陽圧をかけて車内の人を守ることが可能といいます(ほかの2種類は「外気導入」「内気循環」モード)。

 国内販売価格は895万円(税込)からで、9月16日(金)より「テスラ青山」(東京都港区)、17日(土)より「テスラ心斎橋」(大阪市中央区)で展示される予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:9月13日(火)14時36分

乗りものニュース