ここから本文です

360度に音が広がるB&Oのオシャレなワイヤレススピーカー

Stereo Sound ONLINE 9/13(火) 12:30配信

室内での持ち運びも可能

 9月10日(土)、デンマークのバング&オルフセン(Bang & Olufsen、略称B&O)から、 “FLEXIBLE LIVING” をテーマにした円錐型のワイヤレススピーカー「BeoSound 1」が発売された。価格は21万9,000円(税別)。

 本機は「Acoustic Lens Technology」を採用した、360度全方位に音が広がる無指向性スピーカー。どこに置いても、リスナーがどこにいても同じように聴こえるのが特徴だ。

 パワーアンプはクラスDのフルレンジ(40W)とクラスDのウーファー(20W)を1基ずつ、スピーカーは39mmフルレンジユニットと100mmウーファーを搭載する。

 寸法はW162 × H327mm、質量は3.5kgで、設置しやすいコンパクトさを狙ったサイズだという。室内での持ち運びを想定して充電池を内蔵し、連続再生時間は16時間となる。本体のトップには静電容量式のタッチホイールを装備し、ボリュウムの調整などが可能だ。

 Bluetoothのバージョンは4.1。そのほか、AirPlay / Google Cast / DLNAにも対応する。

 さらに、ラジオアプリTuneInが使用可能。Android端末で使える無料アプリBeoMusicや、ネットワーク環境で活用できるBeoLink Multiroomにも対応する。

 加えて、日本ではサービスインしていないが、音楽配信サービスDeezer / Spotify / QQMusicにも対応している。

 再生可能フォーマットはMP3 / WMA / AAC / ALAC / FLAC / WAV / AIFF、192kHz/24bitまでサポートする。

 なお“FLEXIBLE LIVING”シリーズは、11月にワイヤレススピーカー「BeoSound 2」(11月発売予定/28万7,000円、税別)と、4K液晶ディスプレイ「BeoVision Horizon」も発売予定だ。

Stereo Sound ONLINE

最終更新:9/13(火) 14:09

Stereo Sound ONLINE

なぜ今? 首相主導の働き方改革