ここから本文です

【映像】「追わないで」 カーチェイス中に999番通報した男に禁錮15カ月

アフロ 9月13日(火)13時55分配信

 英イングランド南部ウェスト・サセックス州でことし2月、仮免許のまま1人で車に乗り運転していた男が警察とのカーチェイスの末逮捕された事件で、チチェスター裁判所は12日、危険運転などの罪で男に禁錮15カ月の実刑を言い渡した。
 
 ブルース・デューイ被告(36)はことし2月22日、ウェスト・サセックス州の一般道を仮免許のまま1人で車に乗り運転していたところを警察に見つかり、逃走し、50分間にも及ぶカーチェイスの末逮捕された。デューイ被告はその間、緊急通報「999」にパトカーの追跡をやめるよう通報し頼んでいた。

 カーチェイスは平日夕方の交通量が多い帰宅時間帯だったため、サセックス警察関係者は「幸い誰もこの事件で負傷しなかった。しかし、交通量の多い時間帯に警察から逃走した被告の行動は、悲惨な結末になる可能性があった」と話している。

 チチェスター裁判所はデューイ被告に危険運転と有資格者の同乗がなかったとして禁錮15カ月、運転禁止3年、罰金100ポンド(約13500円)の判決を言い渡した。

(イギリス、ウェスト・サセックス州 12日 撮影:2月22日 映像:Press Association(PA)/アフロ)

最終更新:9月13日(火)14時51分

アフロ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。