ここから本文です

クロエ・グレース・モレッツ、出演映画を全部キャンセル?

ELLE ONLINE 9月13日(火)20時1分配信

先週、フランスで開催されたドーヴィル映画祭に出席したクロエ・グレース・モレッツ。若手俳優に与えられるライジング・スター・アワードを受賞したそう。でもその直後、雑誌『ハリウッドリポーター』のインタビューに答えたクロエは「すべての映画から手を引くの。自分という存在を改めて見直して、自分自身の役割をもう一度見つけたいから」「もう少しペースを落とせるって気がついたのよ」とか。 今後はプロデュース業やこれから新しく始まるテレビ番組に関わっていきたいと思っているそう。

【写真】クロエ・モレッツ&ブルックリン・ベッカムのLOVEヒストリーをおさらい!


クロエといえば昨年、実写版映画『リトル・マーメイド』のヒロイン役に抜擢されて話題に。クロエも人魚役に備えてピラティスやスイミングのトレーニングを受けていると語っていたけれど、もし発言が本気であればこの作品からも降板する可能性が浮上。映画製作側からはまだ正式に発表されていないそう。

映画『キック・アス』でブレイクして以来、着実にキャリアを積み上げてきたクロエだけに突然の休業宣言は意外な展開! これもブルックリン・ベッカムとの破局が原因なのだとしたら……元気そうに見えるけれど、かなり傷心状態なのかも。
(text : Yoko Nagasaka)

最終更新:9月13日(火)20時1分

ELLE ONLINE

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。