ここから本文です

最強対決。PlayStation 4 ProとXbox Scorpioを徹底比較

ギズモード・ジャパン 9月13日(火)12時40分配信

正直どっちも欲しい。

4K&HDR対応のPlayStation 4 Proの詳細がようやく判明しましたが、次世代XboxことXbox Scorpioとはどれくらい違うのでしょうか? gameranxが動画で解説しています。

動画はこちら:https://youtu.be/zgLRFwwbLi8

Xbox Scorpio

CPU:オクタコア(8コア 詳細未発表)

GPU:6TFLOPS

RAM:?GB GDDR5

ストレージ:不明

価格:不明(参考までにXbox One Sは299ドルから399ドル)

VR:Hi-Fi VR

画質:4K、HDR対応

PS4 Pro

CPU:オクタコア(8コア x86-64)、アーキテクチャから推測されるクロック数は2.1GHz

GPU:4.20TFLOPS

RAM:8GB GDDR5

ストレージ:1TB

価格:4万4980円

VR:PS VR

画質:4K、HDR対応

リリース日は大きな違いとなっており、PS4 Proは2016年11月10日、対してXbox Scorpioは2017年のホリデーシーズンとされています。もちろん発売日までに詳細が変更される可能性はありますし、発売日の遠いXbox Scorpioに関してはスペックの変更の可能性がより大きいといえるでしょう。

CPUに関しては、PS4(x86 1.6GHz)もXbox One(1.75GHz)もXbox One Sもオクタコアです。PS4 ProはPS4よりもクロック数がアップしたものが使用されていると推測されています。しかしクロック数は高ければよいというものではなく、それがどう使われるかの方が重要です。TFLOPS(テラ・フロップス、浮動小数点演算を1秒間に何兆回可能か)で示されるGPUの演算能力はXbox Scorpioの方が高くなっていますが、ともに4K、HDRに対応。

現行機のRAMはPS4もXbox One(S)も共に8GBではありますが、PS4ではGDDR5が使用されており、これはXbox OneやOne Sに採用されるGDDR3よりもずっとデータ転送速度が高速化されたもの。Xbox ScorpioではGDDR5が採用されるようですが、GB数は今のところ不明となっています。

Xbox One Sにはプレイバックと4K Blu-ray、ストリーミング機能がありますが、PS4 Proにはプレイバックと4Kストリーミングのみで4K Blu-ray機能は無し。

VRも大きな目玉となっていますが、PS4 Proで対応するPS VRは解像度が1920x1080であるのに対し、Xbox Scorpioでは専用のVRデバイスではなく、より高解像度のデバイスに対応する(例えば、2160x1200の解像度を持つOculus RiftやHTC Vive程度のモノと推測)とされています。

もちろんどんなゲームがどのプラットフォームで出るのかも重要ですが、あと3カ月で買えるPS4 Proを買うか、それともあと1年待ってより高いスペックとなるであろうXbox Scorpioを待つか。未だにXbox Scorpioはスペックの詳細や価格など、明らかになっていない部分も多いため難しい問題ではありますが、皆さんならどちらを買われます?

image by YouTube

source: YouTube via GeekTyrant

(abcxyz)

最終更新:9月13日(火)12時40分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]