ここから本文です

最終戦、錦織はワウリンカに抜かれ5位へ後退<男子テニス>

tennis365.net 9月13日(火)11時35分配信

最終戦ランキング

男子テニスツアーのATPワールドツアー・ファイナル(イギリス/ロンドン、ハード)への出場権をかけた「RACE TO LONDON」(最終戦出場ランキング)が12日に発表され、錦織圭(日本)は前回から720ポイント加算されるも、優勝を飾ったS・ワウリンカ(スイス)が3位に浮上したため、1つ落として5位へ後退した。

【錦織 地元メディアから高い評価】

錦織は、全米オープン準々決勝でA・マレー(英国)をフルセットで破り4強入りを果たすも、ワウリンカとの準決勝ではマレー戦の疲れが残っていたことが影響して逆転を許した。

11月13日からのATPワールドツアー・ファイナルは、今季の大会獲得ポイント上位8名が出場出来る。

12日現在で、1位のN・ジョコビッチ(セルビア)、2位のA・マレー、3位のワウリンカはツアー・ファイナルへの出場が決定している。

錦織は今後、16日から3日間行われる男子テニスの国別対抗戦 デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対ウクライナ戦(日本/大阪・うつぼテニスセンター、ハード)、10月3日からの楽天ジャパン・オープン(日本/東京、ハード、ATP500)に出場する予定。


9月12日付の最終戦出場ランキングは以下の通り。

1位:N・ジョコビッチ 10,240ポイント

2位:A・マレー 8,185ポイント

3位:S・ワウリンカ 4,820ポイント

4位:M・ラオニチ(カナダ) 4,420ポイント

5位:錦織圭 4,315ポイント

6位:G・モンフィス(フランス) 3,355ポイント

7位:D・ティエム(オーストリア) 3,205ポイント

8位:R・ナダル(スペイン) 3,200ポイント

9位:T・ベルディヒ(チェコ共和国) 2,530ポイント

10位:M・チリッチ(クロアチア) 2,400ポイント

tennis365.net

最終更新:9月13日(火)11時46分

tennis365.net