ここから本文です

八戸沖で310キロ ホンマグロ水揚げ

デーリー東北新聞社 9月13日(火)11時34分配信

 八戸港所属の小型巻き網「成進丸」船団が12日、八戸沖で漁獲した重さ310キロのホンマグロ(クロマグロ)を水揚げした。大物を揚げた中田晴夫漁労長(65)は「気持ちいいねぇ。ありがたい」と満面の笑み。競りの結果、1キロ2500円で取引された。

 八戸港で300キロ超のサイズは珍しいが、同船団は昨年も漁獲している。イカとサバ狙いで網を入れたところマグロが掛かり、網では揚がらないため、海に潜ってロープをくくりつけたという。

 品定めした仲買人は「腹回りが太く、脂が乗っている」と評価。市内外に流通した。

デーリー東北新聞社

最終更新:9月13日(火)11時34分

デーリー東北新聞社