ここから本文です

【MLB】イチロー、今季6度目の“猛打賞”! 通算3025安打で歴代単独25位浮上

Full-Count 9/13(火) 9:31配信

右越え二塁打&右前適時打&右前安打

 マーリンズのイチロー外野手が12日(日本時間13日)の敵地ブレーブス戦で「2番・レフト」でスタメン出場し、“猛打賞”の活躍を見せた。これでメジャー通算3025安打とし、3023安打のルー・ブロックを抜いて歴代単独25位に浮上した。

イチローは歴代単独25位に浮上…MLB歴代通算安打数ランキング

 初回1死走者なしの第1打席。イチローは右腕フォルテネービッチが投じた2球目の98マイル(約158キロ)のストレートを捉え、右翼越えの二塁打を放った。今季15本目の二塁打で通算3023安打に到達。カブス、カージナルスなどで活躍したルー・ブロックの安打数に並んだ。イチローは2死後にワイルドピッチで三塁まで進んだが、後続が倒れて生還はならなかった。

 2回無死一、二塁で迎えた第2打席ではレフトフライに倒れたが、第3打席でも快音を残す。2-7と5点を追う4回2死一、三塁の場面で打席に立つと、ライト前にはじき返すタイムリーをマーク。今季25度目のマルチ安打で通算3024安打とし、ルー・ブロックを抜いて歴代単独25位に浮上した。マーリンズはその後もたたみかけ、イチローはイエリッチの適時打で5点目のホームを踏んだ。

 さらに2点を追う6回無死一塁の第4打席では3番手左腕クロールから右前安打。一、三塁とチャンスを広げた。イチローの3安打以上は今季6度目となった。マーリンズは続くプラドのタイムリーで1点を返すと、イエリッチも左前安打で続いて無死満塁に。直後、代打・スタントンの犠飛でイチローが生還。同点に追いついた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/13(火) 10:38

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]