ここから本文です

「君のおかげで僕はここにいられる」とワウリンカ [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9/13(火) 12:01配信

 アメリカ・ニューヨークで開催された 「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月29日~9月11日/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス)がディフェンディング・チャンピオンで第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-7(1) 6-4 7-5 6-3で下し、初優勝を遂げた。

 ワウリンカは、自分が常にパフォーマンスの安定した選手ではないこと、あるいは精神的に強いわけではないことを、誰より先に認める人物だ。だからこそ、彼が試合中に根性を見せるときは、自分の右手の人差し指でこめかみを指して自分に言い聞かせるのだ。

 それは、ワウリンカがジョコビッチを憔悴させるという“離れ業”をやってのけた試合で何度も使われた特徴的な仕草だった。

【全米オープン14日目_WOWOW動画】男子シングルス決勝 ワウリンカvsジョコビッチ、女子ダブルス決勝、表彰式

 ワウリンカは全米で初優勝を遂げ、2014年の全豪、2015年の全仏に続くキャリア3つ目のグランドスラム・トロフィを獲得した。

「今日は彼のほうが、より優れた選手だった。彼は精神的によりタフだった」とジョコビッチは言った。これは世界ナンバーワンが送った最大級の賛辞だろう。「彼は何をすべきかを知っていた。そして僕は、ある瞬間に、ただアンラッキーだった。それだけだ」。

 31歳のワウリンカは、1970年に35歳で優勝したケン・ローズウォール(オーストラリア)以来、もっとも年齢の高い全米オープン・チャンピオンだ。そんな彼が大会を通して、ジョコビッチのほぼ2倍の時間(ワウリンカ18時間対ジョコビッチ9時間)をコート上で費やした末の決勝だった。

「ここ2週間、かなり長い時間テニスをプレーしたよ。今の僕は完全に空っぽだ」と、ワウリンカは試合後に言った。

 彼は優勝トロフィーを受け取る際、その日が、9月11日で、あのテロ攻撃から15年経った日だということを指摘している。

 第2、第3セットの最終ゲームでブレークを果たし、直面した「17」のブレークポイントのうち「14」をしのぐことにより、ワウリンカは、ジョコビッチが体調に問題ありのサインを見せ始めた頃までには、すでに優位に立っていた。

 第4セットの序盤にジョコビッチは、ワウリンカにブレークされ、フォアハンドをミスしたあとには左脚をつかんで顔をしかめた。

 ジョコビッチは、エンドチェンジではないときにメディカルタイムアウトをとる、という稀な許しを得た。彼は、トレーナーがつま先の靴ずれの治療をできるようにソックスとシューズを脱ぎ、ワウリンカがこの6分の中断について文句を言うと、見上げて詫びた。後に、ジョコビッチは足を引きずり始め、さらなる治療を受けた。

「僕らは、ほとんど4時間プレーしていた」とジョコビッチ。「そして、スタンを代弁して言うが、僕らは二人ともそれを身にしみて感じていた」。

 ワウリンカは、キャリアを通してのジョコビッチとの24回の対戦で、5回しか勝っていないが、2014年の全豪準々決勝、2015年の全仏決勝、そして今回と、彼自身のグランドスラム大会優勝への道のりで起きた対決では、漏れなくジョコビッチを倒していることになる。

 この試合に先立ちジョコビッチは、ワウリンカのことを『ビッグマッチに強い選手』と称えており、実際、ここまでその傾向はあった。とはいえ、“常に”ではない。自分よりもはるかに目覚ましい成功を収めた、友人でもある同じスイスのロジャー・フェデラーの影にいたワウリンカは、28歳で初めてグランドスラム大会の準決勝に進出するまで、35回の出場を必要としたのである。

 しかし、今の彼を見てみるといい。いまや、決勝に進出したここ11大会のすべてで、連続して優勝を遂げているのだ。

 ワウリンカのグランドスラム大会『決勝』での戦績は、3戦0敗であり、彼はそのたびにナンバーワン・プレーヤーを倒している。そして、この方程式からもっとも重要性の高い3試合を除くと、ワウリンカはトップ10に対するほかのすべての試合で、0勝19敗なのだ。

 6月の全仏で優勝を果たし、生涯グランドスラム(キャリアにおいて4つのグランドスラムのすべてで優勝すること、そしてジョコビッチはこのとき2015年ウィンブルドン、全米、2016年全豪、全仏と4大会連続優勝を果たす)を達成したジョコビッチに、日曜日のワウリンカは1セットダウンから逆転勝ちした。

 次の数字を覚えておいてほしい。第1セットを取ったときのジョコビッチというのは、全米オープンで51勝0敗、すべての決勝で53勝2敗なのだ。ところが今回、ややぴりぴりした出だしの状態からワウリンカが回復し、彼の典型的なベースラインからの猛攻が始まったとき----この試合のワウリンカは、テニス界最高の片手打ちバックハンドからだけでなく、両サイドから同じように猛攻した----ジョコビッチは道を見失ってしまったようだった。

 ワウリンカが次々にライン際にショットを打ち込んでいく中、ジョコビッチは手でジェスチャーをしながら、ぶつぶつ言い、コーチのボリス・ベッカーや、ほかのチームスタッフのほうを見ていた。彼はあらゆる面で、出だしのタフに見えた状態から、完全に消耗し切った状態へと移行してしまったのだ。

 あるポイントでは、ワウリンカがあまりに強烈なショットを放ったために、ボールがジョコビッチの手からラケットを弾き、ベースライン後方の壁にまで飛ばしてしまった。それから、20本のストロークによるラリーを終わらせるため、フォアハンドのウィナーを叩き込んだワウリンカは、自分のこめかみに指を向ける。その2ポイント後に、第2セットは彼のものとなっていた。

 第3セットの出だしは、フォアハンドのパッシングショットがジョコビッチのボレーミスを引き出し、ブレークに成功したあと、ワウリンカはまた、指をこめかみに突きつけた。

 ワウリンカが、全米の一週目の終わりに大会から去りかかっていたことを考えてみてほしい。彼は3回戦で、世界ランク64位のダニエル・エバンズ(イギリス)に、あと1ポイントで負けるというところまで追い詰められたが、最終的に5セットで辛勝した。

 そのためワウリンカは、全米オープンでマッチポイントをしのいだあとに優勝した、2011年のジョコビッチ以来の男となった。

「君は偉大なチャンピオン、素晴らしい人物だ」と言ったのはワウリンカだ。「君のおかげで、僕は今日、ここにいられる。僕らは非常に長い年月にわたり、お互いを知り合っている。何度もいっしょに練習したし、大きな舞台で彼とプレーする機会に恵まれた」。

 ジョコビッチは、この日、どちらがより任務の重さに見合う力を見せたかを自覚しつつ、左手をワウリンカの肩の上にかけた。(C)AP アメリカ・ニューヨークで開催された 「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月29日~9月11日/ハードコート)の男子シングルス決勝で、第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス)がディフェンディング・チャンピオンで第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を6-7(1) 6-4 7-5 6-3で下し、初優勝を遂げた。

 ワウリンカは、自分が常にパフォーマンスの安定した選手ではないこと、あるいは精神的に強いわけではないことを、誰より先に認める人物だ。だからこそ、彼が試合中に根性を見せるときは、自分の右手の人差し指でこめかみを指して自分に言い聞かせるのだ。

 それは、ワウリンカがジョコビッチを憔悴させるという“離れ業”をやってのけた試合で何度も使われた特徴的な仕草だった。

 ワウリンカは全米で初優勝を遂げ、2014年の全豪、2015年の全仏に続くキャリア3つ目のグランドスラム・トロフィを獲得した。

「今日は彼のほうが、より優れた選手だった。彼は精神的によりタフだった」とジョコビッチは言った。これは世界ナンバーワンが送った最大級の賛辞だろう。「彼は何をすべきかを知っていた。そして僕は、ある瞬間に、ただアンラッキーだった。それだけだ」。

 31歳のワウリンカは、1970年に35歳で優勝したケン・ローズウォール(オーストラリア)以来、もっとも年齢の高い全米オープン・チャンピオンだ。そんな彼が大会を通して、ジョコビッチのほぼ2倍の時間(ワウリンカ18時間対ジョコビッチ9時間)をコート上で費やした末の決勝だった。

「ここ2週間、かなり長い時間テニスをプレーしたよ。今の僕は完全に空っぽだ」と、ワウリンカは試合後に言った。

 彼は優勝トロフィーを受け取る際、その日が、9月11日で、あのテロ攻撃から15年経った日だということを指摘している。

 第2、第3セットの最終ゲームでブレークを果たし、直面した「17」のブレークポイントのうち「14」をしのぐことにより、ワウリンカは、ジョコビッチが体調に問題ありのサインを見せ始めた頃までには、すでに優位に立っていた。

 第4セットの序盤にジョコビッチは、ワウリンカにブレークされ、フォアハンドをミスしたあとには左脚をつかんで顔をしかめた。

 ジョコビッチは、エンドチェンジではないときにメディカルタイムアウトをとる、という稀な許しを得た。彼は、トレーナーがつま先の靴ずれの治療をできるようにソックスとシューズを脱ぎ、ワウリンカがこの6分の中断について文句を言うと、見上げて詫びた。後に、ジョコビッチは足を引きずり始め、さらなる治療を受けた。

「僕らは、ほとんど4時間プレーしていた」とジョコビッチ。「そして、スタンを代弁して言うが、僕らは二人ともそれを身にしみて感じていた」。

 ワウリンカは、キャリアを通してのジョコビッチとの24回の対戦で、5回しか勝っていないが、2014年の全豪準々決勝、2015年の全仏決勝、そして今回と、彼自身のグランドスラム大会優勝への道のりで起きた対決では、漏れなくジョコビッチを倒していることになる。

 この試合に先立ちジョコビッチは、ワウリンカのことを『ビッグマッチに強い選手』と称えており、実際、ここまでその傾向はあった。とはいえ、“常に”ではない。自分よりもはるかに目覚ましい成功を収めた、友人でもある同じスイスのロジャー・フェデラーの影にいたワウリンカは、28歳で初めてグランドスラム大会の準決勝に進出するまで、35回の出場を必要としたのである。

 しかし、今の彼を見てみるといい。いまや、決勝に進出したここ11大会のすべてで、連続して優勝を遂げているのだ。

 ワウリンカのグランドスラム大会『決勝』での戦績は、3戦0敗であり、彼はそのたびにナンバーワン・プレーヤーを倒している。そして、この方程式からもっとも重要性の高い3試合を除くと、ワウリンカはトップ10に対するほかのすべての試合で、0勝19敗なのだ。

 6月の全仏で優勝を果たし、生涯グランドスラム(キャリアにおいて4つのグランドスラムのすべてで優勝すること、そしてジョコビッチはこのとき2015年ウィンブルドン、全米、2016年全豪、全仏と4大会連続優勝を果たす)を達成したジョコビッチに、日曜日のワウリンカは1セットダウンから逆転勝ちした。

 次の数字を覚えておいてほしい。第1セットを取ったときのジョコビッチというのは、全米オープンで51勝0敗、すべての決勝で53勝2敗なのだ。ところが今回、ややぴりぴりした出だしの状態からワウリンカが回復し、彼の典型的なベースラインからの猛攻が始まったとき----この試合のワウリンカは、テニス界最高の片手打ちバックハンドからだけでなく、両サイドから同じように猛攻した----ジョコビッチは道を見失ってしまったようだった。

 ワウリンカが次々にライン際にショットを打ち込んでいく中、ジョコビッチは手でジェスチャーをしながら、ぶつぶつ言い、コーチのボリス・ベッカーや、ほかのチームスタッフのほうを見ていた。彼はあらゆる面で、出だしのタフに見えた状態から、完全に消耗し切った状態へと移行してしまったのだ。

 あるポイントでは、ワウリンカがあまりに強烈なショットを放ったために、ボールがジョコビッチの手からラケットを弾き、ベースライン後方の壁にまで飛ばしてしまった。それから、20本のストロークによるラリーを終わらせるため、フォアハンドのウィナーを叩き込んだワウリンカは、自分のこめかみに指を向ける。その2ポイント後に、第2セットは彼のものとなっていた。

 第3セットの出だしは、フォアハンドのパッシングショットがジョコビッチのボレーミスを引き出し、ブレークに成功したあと、ワウリンカはまた、指をこめかみに突きつけた。

 ワウリンカが、全米の一週目の終わりに大会から去りかかっていたことを考えてみてほしい。彼は3回戦で、世界ランク64位のダニエル・エバンズ(イギリス)に、あと1ポイントで負けるというところまで追い詰められたが、最終的に5セットで辛勝した。

 そのためワウリンカは、全米オープンでマッチポイントをしのいだあとに優勝した、2011年のジョコビッチ以来の男となった。

「君は偉大なチャンピオン、素晴らしい人物だ」と言ったのはワウリンカだ。「君のおかげで、僕は今日、ここにいられる。僕らは非常に長い年月にわたり、お互いを知り合っている。何度もいっしょに練習したし、大きな舞台で彼とプレーする機会に恵まれた」。

 ジョコビッチは、この日、どちらがより任務の重さに見合う力を見せたかを自覚しつつ、左手をワウリンカの肩の上にかけた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

最終更新:9/13(火) 12:01

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]