ここから本文です

Perfume 北米ツアーのハプニング「ドローンのないドローンダンス」

TOKYO FM+ 9/13(火) 18:01配信

Perfumeが9月12日、TOKYO FMのレギュラー番組「SCHOOL OF LOCK! Perfume LOCKS!」に出演。ロサンゼルス、サンフランシスコ、シカゴ、ニューヨークで開催された北米ツアー、Perfume 6th Tour 2016「COSMIC EXPLORER」について、現地で起こったさまざまなハプニングを振り返りました。

■ロサンゼルス
『ドローンが禁止に!』

あ~ちゃん「まず『ちょっとお話があります』って、主なスタッフさん達が楽屋に入って来たわけ。『どうしたんだろう?』って思ったら、『ドローンを飛ばすことが消防法で禁止になる』と」

かしゆか「演出でドローンを飛ばそうっていう話になって、リハーサルとかで飛ばしてたんだけど、『カリフォルニア州でドローンが禁止になるそうで飛ばせません』って言われて、『え~~っ!?』って(笑)。最初、飛ばせるって話だったんだけど、人前で飛ばすのが危ないって話になって」

のっち「今、思い出しても胸が~(泣)」

あ~ちゃん「いざステージに立ったらそれがないとすごい自信がなくなって、ガタガタ震えてきちゃって」

のっち「ドローンを自分たちが操るみたいな振り付けだったから。右手挙げたら、ドローンが右に上がってみたいな」

あ~ちゃん「見える! 水平になってる(笑)」

のっち「指を回したら、ドローンが回ってみたいな。それをお客さんはドローンも何も知らない所で(笑)。見えてないからもうバッキバキで、この振りがかっこいいんだっていう気持ちでね」

あ~ちゃん「すごい見ものだったと思いますよ。でも、乗り切りましたね。」


■サンフランシスコ
『3階の図面のサイズが違った!』

かしゆか「もうロスでハプニングがあったから、『何があっても乗り越える!』みたいな気持ちでサンフランシスコに挑んだら、MIKIKO先生が入って来て『今日のハプニングをお伝えします』って(笑)。
『なんと、聞いていた図面とステージのサイズが違います。3階が入りません』って言われて、『え~~っ!?』って(笑)」

のっち「図面と違うから、ステージも変わっちゃって。ステージを組む時間も結構かかってたから、リハーサルの時間もそんなに取れなくて」

あ~ちゃん「音出したの3曲だけだよね」

のっち「ステージの大きさも毎回違って、そこに慣れないまま毎回出る。」

あ~ちゃん「控える時間がひたすらに多かった(笑)」

かしゆか「気持ち作る時間、すっごく多かった(笑)」

のっち「でも、その場で先生が考えた演出で、なんとかかっこいい形でできました。この日からドローンも飛びました」

かしゆか「しかも、初めてのサンフランシスコのライブだったから、お客さんの盛り上がりすごかったよね」


■シカゴ
『時差にやられる』

のっち「次のライブは、一気に東海岸に飛びましてシカゴ。あの、細かい時差にやられるのよ(笑)。ロス、サンフランシスコとシカゴ、国内なのに2時間時差がある。その2時間の時差が結構きつくて」

あ~ちゃん「着いたら『まだ6時だけどどうする?』ってなるんだけど、『ちょっと、1回、部屋戻りましょう。1回、荷物を』とかなんとか言いながら、みんな部屋戻ったら寝ちゃって、誰かしら連絡つかなくなる(笑)」

のっち「シカゴ(のライブ)も初めてで、これまた皆さん熱かった」

あ~ちゃん「激熱だったね。この時のステージも2階建てだったね」

かしゆか「ここが一番リハーサル短かった。5分か10分くらいで」

あ~ちゃん「やばかったね。マイク付けたと思ったら、もうやりますってなって」


■ニューヨーク
『やばい! 全然盛り上がってないかも!?』

のっち「前回、初めてニューヨーク公演した時と同じ会場だったけど、やっぱ広かったね」

かしゆか「ほかの会場よりも高さもあったもんね。だからすごい縦に広くて、お客さんの上の空間がすごい空いてたから、その空間にちょっとやられそうになったよね」

あ~ちゃん「声援がこっちに届いてこなくて、上に抜けちゃうみたいな。だから『やばい! 全然盛り上がってないかも』って不安になっちゃう」

かしゆか「3ヶ所やってきたのに、4ヶ所目で『同じ英語で言ってるのに伝わらない!?』って(笑)」

のっち「一人ずつ前に行ってMCするんだけど、一人ずつ玉砕して帰ってくる(笑)」

かしゆか「私たちは結構それで心やられてたんだけど、終わった後に先生とか外側から見てたスタッフさんが、『すごいね!』って言ってて」

あ~ちゃん「すごい盛り上がりだったらしいね。ニューヨークがやばかったみたいな。ウソでしょ!? ってなって」

かしゆか「こっち、心ズタズタ(笑)」

あ~ちゃん「やっぱり一筋縄ではいかんのじゃなっていうのは、今回アメリカをちゃんと回って思った。前回は初めて行かせてもらって、待っててくれた人が一生懸命集結してくれた1回目。で、2回目ってすごい大事で、どれくらい来てくれるかなってすごい不安だったけど、1日は満員御礼なんだけど、2日目はやっぱりバラバラっとしててお客さんがあんまり入ってくれなかったのね。でもそれはそうだと。
日本で自分たちがZeppを埋めるまでどれほど大変だったかって、そりゃそうだよなと思って。でもここで諦めたらせっかく一生懸命みんなで決めて行ってるのに、みんな言葉も通じんのに頑張っていろんな物繋げてもらってステージやってくれたわけだし、これは頑張らにゃなって思った。だから、うぬぼれずに頑張りたい。
でも、嬉しいこともたくさんあったね。だから、頑張るよ。じゃけん、みんなも応援してね」


北米ツアーを終え、様々な経験を経てまたひとつ大きくなって帰って来たPerfume。 次は、国内のドームを回る『Perfume 6th Tour 2016「COSMIC EXPLORER」Dome Edition』が控えています。あ~ちゃんは「皆さんに会えるのを楽しみにしています!」と、語っていました。

最終更新:9/13(火) 18:01

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]