ここから本文です

EXILE、15年の軌跡を今振り返る全53本のMVが一気見可能に!究極のダイジェスト映像公開

E-TALENTBANK 9月13日(火)17時30分配信

EXILEが15周年を迎える節目のデビュー記念日、9月27日にリリースするベスト・アルバム「EXTREME BEST」。2週間後に控えた発売を前に、収録される全53本のミュージックビデオを一挙にチェックできるダイジェスト映像がYouTubeにて公開された。

「EXTREME BEST」はデビュー曲「Your eyes only ~曖昧なぼくの輪郭~」をはじめ、日本レコード大賞において史上最多となる4度の大賞を受賞した「Ti Amo」「Someday」「I Wish For You」「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」など、数々のヒット曲を世に送り出してきたEXILEの15年間の軌跡が刻み込まれた作品。CDに歴代のヒット・シングル45曲が収録されるほか、DVD/Blu-rayには53本のミュージックビデオが収録され、合計再生時間は6時間を超える超大作となる。

デビュー以来15年間、ダンス&ボーカルグループというスタイルでエンタテインメントを追求し続けてきたEXILE。その表現方法のひとつであるミュージックビデオは、メンバーによるパフォーマンスはもちろん、創造性、スケール、映像技術などすべてが日本のエンタテインメント作品の歴史ともいえるほど高いクオリティを求めて制作されてきた。その圧倒的なクオリティは、MTV JAPANにおいて、一年で最も優れたミュージックビデオを決める“Best Video of the Year”を史上最多の5度も受賞していることにおいても証明されている。

2010年に同賞を受賞した「ふたつの唇」では楽曲部分を含めて約16分というドラマ作品を作り上げ、2014年、5度目の受賞作となった「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」では圧倒的なスケールのダンスパフォーマンスを披露。さらにパフォーマーに焦点を当てた作品「PERFORMER'S PRIDE」ではニューヨークの街中を舞台に19分を超えるダンス映像作品を完成させるなど、作品性の多様さはまだ見ぬエンタテインメントを追求して進化し続けてきたEXILEならでは。15年間日本のエンタテイメントの頂点を走り、そして牽引してきた彼らの世界観が詰まった、まさに“究極”の映像作品集となっている。

今回YouTubeに公開された映像は6時間を超える収録内容を約6分にダイジェスト編集したもの。まずはこのダイジェスト映像を通じて、EXILEが追求してきたエンタテインメントを、そしてその活動の軌跡を感じとってみて頂きたい。

最終更新:9月13日(火)17時30分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。